トリートメントカラーでアッシュをキレイ長持ちさせる方法

カラートリートメント アッシュ

みなさんカラーの色持ちでお悩みではないでしょうか??ヘアカラーってほとんどの方がされていますが染めて一週間以上経つと色が抜けてきてなんだか汚い。。

そんな方って多いと思います。特にアッシュ系、ベージュ系、ピンク系などは色落ちが早く感じるカラーでもあり、抜けた時に黄色くなってしまう事が多く悩みのタネとなっています。

あなたはどうですか?

しかし、今はそんなカラーの色落ちを抑えてキレイに保てるアイテムが発売されています。【トリートメントカラー】と呼ばれるものです。今回はそんなトリートメントカラーの使い方や効果、ヘアカラーの知識などを美容師が分かりやすく解説していきます。

ぜひ、参考にして頂いてきれいな髪色を楽しんで下さいね。

ではまず簡単なカラーの知識から知っていきましょう。

スポンサードリンク

カラーの色落ちについて

『カラーってなんで色落ちしてしまうんだろう…』そんなことを考えたことはありませんか??

なぜ色落ちしてしまうかというとダメージが一番の原因です。

一般的なヘアカラーは酸化染毛剤と呼ばれていて、化学反応で髪に色を定着させていくものです。もともとの髪の組織を壊して染めていくので当然ですが髪には負担がかかってしまいます。

また色素自体も髪と同化できるわけではありません。(髪と同化するというのは異物ではなくなる、髪と同じ成分になるということです。)当然、ダメージでできた隙間から流れでていきます。

これが髪の退色の原理と原因です。

ただ、色落ちするのは決して悪いことではありませんよ。髪にずっと色素が残ってしまうとキレイな色が出なくなってしまうこともあります。(黒染めをしたことがある方は経験があるはず)

それに色が抜けないと次に新しくカラーをすることもできませんのである程度の期間で色が抜けるというのは髪にとっても美容にとっても必要なことなのです。

ヘアカラーの色持ちをよくするには?

ここまで説明してきてもうお分かりの方もいらっしゃると思うのですが、ダメージが色落ちの原因なら当然トリートメントケアをすることでカラーの退色は抑えることができます。

色素が抜けにくいようにダメージでできた髪の隙間を埋めたり、抜け出た色素の分を補ったりする方法です。

その他、自宅でも簡単にできるカラーの色持ちを良くするためのケアだと

  1. シャワーはぬるめにする
  2. お風呂上りにはすぐに髪を乾かす
  3. コテやアイロンを使いすぎない

などが挙げられます。

熱いお湯で髪を洗う、乾かさない。こういったことをしてしまうと髪の隙間が大きくなり、中の色素だけでなく栄養素も抜け出やすい状態になります。

また100℃以上のような高温を当てるとカラーが熱分解されてしまい退色してしまいます。特に、アッシュやマットといったヘアカラーは熱で飛びやすいので注意が必要です。

アッシュやピンクは抜けるのが早い?

これはよくお客様から質問されたり、確認されたりするのですがこの際にはっきりさせておきます。

アッシュ、ピンクに限らず色によって抜けるスピードが違うと言う事はありません。

基本的に全ての色は同じように色落ちしていきます。

アッシュの方が色素の大きさが小さいとか赤系のカラーの方が髪の奥で発色するとかそういった事があるのも事実ですが、各カラー剤メーカーもその辺は計算に入れて開発をされています。

明らかに特定の色だけすぐ抜けるようなカラー剤は見たことないですからね。

でも一般の方には早く抜けてしまうような感覚があるのも事実かもしれません。

これについては個人の意識の差などもありますが、基本アッシュやピンクは薄い色味です。特にアッシュは灰色味がかったブルーベースの色なのですが染めても髪が青く見えたりしないですよね?これはもとの髪の茶色に青が薄められて見えるからです。

薄い色味ですので少し色落ちしただけで茶色に戻ってしまいすぐ抜けたように感じるのではないでしょうか?

流行りのグレーアッシュ系にするには

今、グレージュやグレーアッシュといったヘアカラーが人気を集めています。私のもとにも連日この色味を希望されるお客様がよく来られます。

そして、いつも悩みます。グレーという色にするのは簡単ではないのです。

ご希望の色味にもよりますがほとんどの場合、みなさんが思っていらっしゃるグレーにするには

  • ブリーチ
  • ダブルカラー
  • カラーバター

などの方法を使う必要があり、一色のシンプルなカラーではできないことが多いのです。

まれに髪の色素が生まれつき薄い方は1回のカラーでグレー感を出すこともできますが、基本的に赤味が強い日本人の髪はなかなかグレーにはならないのです。

ブリーチ

ブリーチにより赤い色素を削り、グレーを出しやすくします。よくお客様が持ってこられる画像は白っぽいグレーであることが多く白っぽくするのなら2.3回ブリーチが必要になる事もありますよ。

もちろん髪にはなかなかの負担がかかります。これでキレイにグレーが入るベースを整えたあとにカラーするとキレイに染まるのです。

ダブルカラー

名前の通り2回カラーをするカラーです。1回目は明るくする工程、2回目は色を入れる工程になります。

ブリーチしたら基本ダブルカラーです。でないとヤンキーみたいな金髪のままですからね。

髪質によりブリーチを使わずにダブルカラーでグレーっぽくできる方もいます。ただし、これはカラーの技術が高い美容師にしか

できませんし、ご希望の色によってはブリーチを使わないと絶対に無理な場合もありますので、担当の美容師さんと要相談です。

カラーバター

最近人気ですね。これは厳密にはカラーとは少し違います。カラーバターやマ二パ二と呼ばれるものは髪の表面に色をつけている感じです。ですので髪の中は染まっていません。

かなり濃い色味を髪に塗っていくので多少赤身が残っていてもアッシュやグレー味を出すことが可能です。髪への負担も少ないのでおすすめなのですが、自分でやって失敗する方が多いので美容師さんに任せるのが最善といえます。

スポンサードリンク

アッシュブラウンやミルクティー系カラーを長持ちさせるアイテム

ではアッシュやグレー、ミルクティーといったヘアカラーを長持ちさせるカラートリートメントの紹介をしていきます。

自宅で簡単に使えるものですので上手く活用してきれいな髪色を長く楽しみましょう。

エブリ カラートリートメント

代表的なカラートリートメントで、素手で扱え色が手についてもすぐにおちるので安心して使うことができます。1回使うと1週間くらいは効果が持続するので週1回のカラー補修的な使い方がいいのではないでしょうか。

1回ブリーチすればこのカラートリートメントだけで定期的にカラーチェンジすることも可能です。

デビルズトリック

これも同じようなカラートリートメント。こういったトリートメントの特徴としましては健康毛(黒髪や暗い髪色)にはキレイに色が入りません。あくまで髪に色を塗っているので、キャンパスが黒いと色がでないのです。

目安としては10レベル以上の明るさだと効果が分かりやすいですよ!

カラーリチャージ

ウエラのカラートリートメント。毎日使うことで少しづつ抜けた色味を補給し髪色に艶を与えてくれます。

基本的には普段のトリートメントと同じ要領で使えばOKです。5分くらいつけ置きするとより効果が期待できますよ。

いくつか種類がありますがアッシュ系を長持ちさせてくれるのは『クールブロンド』というタイプのものです。お間違いのないよういに。

紫シャンプー&トリートメント

これも人気の紫シャンプー。ブロンドをキレイに持たすためのケアアイテムなのですが黄ばみを抑えてくれる働きがあるのでアッシュやミルクティーもキレイにしてくれる働きがあります。

毎日使う必要がなく3日に1回くらいで大丈夫です。この記事を書いている最中の私もブリーチをしているのですがちょっと黄色くなってきたなと思ったら紫シャンプーを使っています。1回使うといい感じのミルクティー系になり3日くらい持ちます。

継続していくと髪がどんどん黄色くならないようになってきますのでおすすめですよ。

紫シャンプーについては『紫シャンプーの効果は?これであなたも外国人風ヘアカラー』でさらに詳しく解説しています。

カラートリートメントの口コミ

実際に使われたみなさんの乾燥を見ていきましょう。

  • エブリ カラートリートメントは塗布するごとに色素を加えてくれるので、赤みや黄みが抑えられるだけでなく、髪に分かりやすく艶が出ますので、髪のパサつきに悩んでる人にもオススメ。

 

  • 簡単にお風呂でトリートメント代わりに使用するだけで、きれいな色が入ります。たまに使うだけで色持ちもいいし、トリートメント効果も抜群でつやつやになります。

 

  • 褪色して 赤っぽくなってきちゃった髪もイイ感じに アッシュブラウンみたいにトーンダウンしました☆

カラートリートメント アッシュ

カラートリートメントの効果を最大にする使い方

普段のトリートメントと同じように使っていいのですが、より効果的に使うならシャンプー後、カラートリートメントを使う前に一度タオルで水気を切りましょう。

こうすることで水でトリートメントの色素が薄まったり、流れたりするのを防げますのでより色が入りやすくなります。

またしっかり定着させるために5分ほどつけ置きするのも効果的です。慣れてきたら自分で色の入り方も調節できるようになりますのでぜひ上手く扱えるようになってほしいアイテムです。

エイトログ
ブリーチした髪に使うとかなりビビットに色がでるので染めすぎに注意しましょうね!

自宅でのセルフカラーに失敗してしまったら

たまにカラートリートメントを使って毛先が緑になったり、汚いネズミ色になって困っている方がいます。

こういった現象が起こる人のほとんどが縮毛矯正をされていたり、コテやアイロンを毎日使うような方が多いですね。熱のダメージにより色が発色しない髪になってしまっているのです。

一応対処方法として髪が緑やネズミ色になってしまったらオレンジ系のカラートリートメントを使ってみて下さい。

緑やネズミ色の原因はアッシュやマットが濃くなりすぎた事ですので補色であるオレンジで中和していくとミルクティー系の色味に戻っていきます。

注意

ただ失敗した髪を治すのを素人がセルフでするのはリスクが大きいので美容師に相談して治すのがベストといえます。

まとめ

みなさんいかがでしたか?

これで今日から色落ちに悩まずにアッシュ系のカラーも楽しんでいけそうですね。

ただ、ケアというものが一番大切でそれがあってのカラートリートメントだという事も忘れないようにしてください。髪をいたわり褒められるヘアカラーを目指しましょう。

みなさんの素敵なヘアライフを応援しています。

カラートリートメント アッシュ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です