髪が細い軟毛対策!柔らかい猫っ毛のケアシャンプー10選

f28d7d04e930d51f7c993ded57d663fc_s

あなたは自分の髪質に悩んではいませんか?

髪質は人により違い、誰一人として同じ髪質の方はいらっしゃいません。しかし、悩みとなるとある程度共通してくることもあります。

  • 髪が細く、柔らかい
  • ボリュームがでない
  • コテで巻いてもすぐにとれる

そんなお悩みを持った方はたくさんいます。特にトップのボリューム問題に関しては多くの方が同じ悩みを抱えてらっしゃるはずです。

何か対策をしようにもどうしたらいいのか分からず、また何をしても良くならず困ってはいませんか?

今回はそんな髪が細い、柔らかいという方の為の記事です。

もしこのような事でお困りなら是非読んでみて下さい。

スポンサードリンク

髪をふんわりボリュームアップはできるのか?

まず、少しこれから説明する事を聞いて頂きたいと思います。

髪質が細い、柔らかい方の多くがトップのボリュームに悩まれています。

『どうしてもペタンコになる』

そんな相談を私もよく受けます。悩ましい問題ですよね。

様々な方法を使い、髪が細い方達でも多少ボリュームを持たせるは可能です。しかし、多少なんです。

細い髪質を変えていくことは美容師にも難しいですし、髪も重力に逆らえないので正直、立ち上がりをつけるのは至難の技です。

シャンプーのチョイスや乾かし方、パーマ施術により多少の改善は見込めますが、もしかしたら皆さんが思ってらっしゃるほどのボリュームは出せないかも知れません。

やり過ぎると逆によくない結果を招くこともあるのです。

少しがっかりさせてしまったかも知れませんが、美容技術にも限界があり、その中でできる範囲の事をやって頂けるよう説明させて頂きます。

またメンズの薄毛による髪が細くなる悩みには…

頭頂部の薄毛で髪型に悩む方に贈る!対策と髪型を楽しむ方法

こちらの関連記事で対策などを解説しています。ぜひご覧ください。

髪が細い、柔らかいメリットを活かす

少し考え方を変えてはみませんか?

髪が細い、柔らかい方はボリュームなどでお悩みなのと同時に

  • 『髪サラサラでキレイだね』
  • 『柔らかく見えていいね』
  • 『そんな髪になりたい』

こんな事も言われているはずです。髪のボリュームが出やすい方はゴワゴワした髪質やツヤのなさに悩んでいるのです。

自分のいいところを活かしてみませんか?

コンプレックスばかりを見るのではなく、自分の髪のいい所を活かしていきましょう。

髪のサラサラ感やツヤ感、柔らかさを活かしたヘアにする事はとてもポジティブで素敵な事だと思います。

他の人から羨ましいと思われている部分が必ずありますのでそこを最大限に活かしていくことで悩みもハッピーに変わるのではないかなと思います。

美容師としてそんな提案をお客様にはさせて頂いてます。

もし、髪質などにお悩みであればそんな方法、考え方もあるということを知っておいて欲しいと思います。

細い、柔らかい、猫っ毛の対策

 

とは言えやれることはしっかりとやっていきましょう。

  1. ボリュームがない
  2. 絡まりやすい
  3. コテ巻きしてもすぐとれる

の3つをメインに対策方法を紹介していきます。

オッケー

ボリュームがない

これは最も多くの方が悩んでいるのではないでしょうか?

原因

  1. 毛穴のつまり
  2. 髪質
  3. エイジングにより髪のコシがなくなる

これらが主な原因です。

髪質が細い方、猫っ毛の形はただでさえ、ペタッとしやすいです。これは仕方ない部分もあり、今から説明することをすれば多少改善が見込めます。

また毛穴のつまりや頭皮の汚れによってもトップのボリュームはなくなります。毛穴がつまり毛が正しい方向を向いて生えなくなることが要因。

加齢も原因の一つです。髪も老化するのを知っていますか?水分量が減り、次第にコシやハリのない髪になってきます。

対策

1.正しくドライヤーをする

トップで分け目をビタッとつけて乾かしてしまってませんか?これではボリュームが出ません。

トップ〜前髪をこすりながら乾かしたり、右に乾かしたり左に乾かすことで分け目がなくなりボリュームが出やすくなります。

また乾いてしまうとなかなか分け目は直らないので一番最初にトップ〜前髪から乾かして下さい。

2.ヘッドスパをしてみる

毛穴のつまりが解消されると髪が立ち上がり、自然なボリュームが出やすくなります。

美容室でもヘッドスパをされたお客様が乾かしている時に『ボリューム出た気がするね。』とおっしゃって下さることはよくあります。

ヘッドスパをしてもらったついでに、乾かし方などももう一度教えてもらえるのでおすすめです。

3.カーラーを巻いてみる

ホットカーラーやマジックカーラーをトップに巻いてみましょう。そんなにたくさん巻く必要はありません。2.3本で充分です。

特にマジックカーラー手軽では巻いて型をつけているあいだに出掛ける準備などもできる優秀なアイテムです。

4.分け目を変えてみる

トップで分け目がついている方は少し分け目をずらしてみましょう。髪が少し立ち上がるはずです。

分け目をつけない為にも定期的に分ける方向は変えることをおすすめします。

毛が絡まりやすい

スポンサードリンク

髪の細い方や柔らかい方はからまりにも悩んでらっしゃるはずです。

原因

  1. 毛質によるもの
  2. 過度なヘアカラーやパーマのダメージ

が原因です。

細く柔らかい髪質の猫っ毛の方は髪が傷みやすいのが特徴です。

細いということは表面にあるキューティクルの枚数も少なく、様々な刺激に対してダメージを受けやすい髪なのです。

ですのでヘアカラーやパーマ、乾かさずに寝たりする他、紫外線などでもダメージしてしまい絡まりやすくなってしまいます。

対策

1.食生活の改善

栄養が乱れると細い髪はさらに乾燥が進み傷みやすくなってしまいます。

主な髪の栄養である、タンパク質やビタミンなどが不足しないように注意しましょう。

もちろんしっかりと栄養が届いている髪は傷みにくくなります。

2.ハイトーンカラーやハードパーマは避ける

これらは美容室の施術の中でも1番髪に負担がかかるものです。髪の細い方達にはできれば避けて頂きたいところ。

どうしてもやりたい場合には担当の美容師さんによく相談しましょう。

3.髪は優しく扱う

お客様の中にも絡まりやすいと分かっていてもけっこう雑に扱ってしまっている方は多いです。

先ほども言いましたが細い毛は傷みやすいので、より気をつけて扱う必要があります。

絡まっても無理に引っ張ったり、といたりしないようにして下さいね。

4.シャンプーやトリートメント

18MEAと呼ばれる成分があります。これは髪に人工的にキューティクルを作ってくれる成分です。

ヘアケアにおいて注目されている成分ですので配合されているシャンプーやトリートメントも多く、こういったものを使うことで絡まりを改善できます。

コテ巻きしてもすぐとれる

巻いたのにちょっと経ったらストレートに戻っている。そんな声もよく聞きます。やはり朝スタイリングした髪は1日もたせたいものです。

原因

  1. シリコンの影響
  2. 髪質によるもの
  3. ダメージ

コテ巻きがもたない理由はたくさんあります。細い毛は型がつきにくく、取れやすい髪質です。

シリコンの影響も考えられます。

シリコンが髪をコーティングすることにより熱が通りにくくなり型がつきにくくなります。保護成分でもあるシリコンですがベタベタは良くありません。

巻きも可愛くなくなるのでシャンプーやトリートメント選びには気をつけましょう。

またダメージにより髪の内部がスカスカになることも巻きのもちを悪くします。内部がなくなると型がつく場所が少なくなってしまい、すぐとれる原因です。

対策

1.コテ巻きの改善

巻いた髪をすぐ触っていませんか?髪がまだ熱いうちに崩してしまうとすぐとれる原因です。

触りたくなるのですが、グッと我慢してすべて巻き終わってから崩すようにしましょう。

2.巻き髪スプレー

熱の力を活かして型をつけやすくするトリートメントスプレーが多く発売されています。

コテ巻きの前にこれを使うことにより、髪を保護しながら型をつきやすくすることが可能です。

3.シャンプーやトリートメントによる内部補修

髪の内部に栄養を閉じ込めていくことで髪が太くなり、丈夫になっていきます。

コテ巻きの型もつきやすくなり、もちもよくなります。しかし、油分などが多すぎるシャンプートリートメントでは細い髪質の方はベタベタになってしまうので髪質に合ったものを使うことが大切です。

おすすめシャンプーランキング(軟毛、猫っ毛用)

第1位 アスタリフト スカルプフォーカス

アスタリフトシャンプー

化粧品で有名なFUJIFILMのブランド「アスタリフト」のシャンプー&トリートメント。

化粧品の分野でも支持を集めるアスタリフトが発売したシャンプーということで多くの女性に支持されています。

もちろんシャンプーの品質も

  • シリコンフリー処方
  • アミノ酸シャンプー
  • ヒアルロン酸配合

など間違いありません。優雅なダマスクローズの香りに包まれ、髪のハリコシを改善し輝くふんわり美髪に導いてくれます。

40代の女性の髪のデータをもとに開発されていますので、加齢により髪のボリュームが気になってきた方はもちろん、20代の軟毛の方にも問題なく使って頂けます。

シャンプー&トリートメント+頭皮の美容液のお試しセットが1,200円(送料無料)という驚きの価格で購入できます。やはり1回試してから!という慎重派の方にも嬉しいサービスですね。

詳しくは下記の公式ページでご確認下さい。

2位 CUシャンプー

女性 チャップアップシャンプー

髪の専門家である毛髪診断士と美容師により共同開発された高品質シャンプー。

  • ノンシリコンタイプ
  • 無添加
  • オーガニック成分使用
  • 高級アミノ酸系界面活性剤使用
  • 合成化学物質不使用

とかなり成分にこだわって作られており、中でも髪のボリュームアップ効果は使用者の多くが口にする効果でもあります。まさに【髪が細い・猫っ毛・ボリュームがない】でお悩みの方のためのシャンプーとも言えますね。

もちろん髪のコンディションアップ効果も望め、気になる分け目やトップのボリュームをケアしながらサラサラな髪に導きます。トリートメントはハリ・コシアップ成分を配合している他、厚労省の認可も取っており安全面でも申し分なしです。

美容師アンケートで使いたいシャンプーでNo.1に輝くのも納得のアイテム。気になる方は公式サイトで口コミなども見てみて下さい。

3位 フィエーリ

フィエーリ シャンプー

水と糖分のパワーで汚れを落とす珍しいシャンプー。髪の根本がふんわりしやすいので軟毛の方におすすめです。

4位 ナノアミノ

ナノアミノ シャンプー

18MEA配合で髪のからまりを防ぎ、静電気なども抑えながらまとまりのよい髪に洗い上げます。カラーやパーマ後のケアにもおすすめなアイテム。

5位 ジェミールフラン H (軟毛用)

ジェミールフラン

トップサロンメーカーのミルボンの軟毛ケアシャンプー。洗うだけで髪のからまりを抑えられるようにエステティックコラーゲンが配合され、しなやかな髪に仕上がります。

6位 ボーテ・ド・ワイナリー

ボーテドワイナリー シャンプー

ワインの炭酸のパックで髪に栄養を与える全く新しいシャンプー。ハリコシのない方やボリュームがない方の悩みに対応する処方になっており、ワインのもつ抗酸化力でアンチエイジング効果も期待できる優秀なアイテム。

7位 ケアトリコ

ケアトリコ シャンプー

サロンでのデザインを自宅でもキープするプロ用シャンプー。細い毛、軟毛のダメージケアに特化しており指通りの良い軽さと同時に髪のボリュームキープも可能。

8位 ヘアシーズンズ スムース

ヘアシーズンズシャンプー

空気感のある仕上がりで、ふんわりボリュームのあるベースづくりができるシャンプー。卵殻膜の成分を使っており、潤いを保ちならが滑らか髪に洗い上げます。

9位 ケアテクト HB Vタイプ

ケアテクト シャンプー

天然ハーブの力でダメージやカラーケアができるナプラのケアシャンプー。ハリコシタイプ(Vタイプ)を使用すればカラーなどのケアもしつつ、ボリュームキープが可能に。

10位 リッカロッコ

リッカロッコ シャンプー

シャンプーランキングで1位に輝いたこともあるブランド『アビエルタ』の姉妹ブランド。スーパーアミノ酸配合で感動の指通りに導くシャンプー。

美容業界で今話題の成分『ゼイン』も配合しハリコシを向上させ、からまりも抑えます。

市販品と通販について

上記で説明したシャンプーですがどれも美容師が現場で使っているプロ用シャンプーです。普段はサロンでしか手に入りませんがサロンが運営する専売品をメインで扱うようなサイトから通販することも最近では可能です。

ヘアケアスタイル

サロン系アイテム専門サイト ヘアケアスタイル

今回紹介したシャンプーの他にもモルトベーネやハホニコなど人気のサロンアイテムが通販可能です。

※CUシャンプー、ハーブガーデンは取り扱っていません

注意!!

髪が細い、柔らかい、猫っ毛の方は髪が痛みやすく注意が必要です。ドラッグストアなどで売られているようなシャンプーでは洗浄力が強すぎ髪がさらに痛む恐れがあります。くれぐれも使うシャンプーには注意して頂くようお願いします。

まとめ

髪質が細い、柔らかい、ボリュームがない。そんな悩みをお持ちの皆さん、参考になりましたか?

髪のボリュームアップはシャンプーや乾かし方など少しのことでも改善ができるのです。

でも最初にも言いましたが髪が柔らかい、細いというのはデメリットもありますがメリットもあるのです。ダメなところに目が行きがちですが少し視点を変えてみませんか?

きっと自分の髪がもっと好きになれるはずですよ。

【関連記事】

おすすめシャンプーランキングベスト100を美容師が紹介!

f28d7d04e930d51f7c993ded57d663fc_s

3 件のコメント

  • 柔らかくてくせ毛で、物心ついた時から悩みの種です。でも、おしゃれしたい!ウィッグをかぶったり、縮毛矯正とデジパーマの繰り返しでますます、傷んでしまったり…
    ミルボンのフィエーリは、香りも良く、気に入っていますが、リシオアテンジュ
    ヒートケアS とどちらが合っているのか、いつも迷います。ミルボンさん、種類が多すぎて有難いのですが、もっとアドバイスが聞けるとか相談センターとかあれば嬉しいです。

    • りっちゃんさん
      コメントありがとうございます。そうですね。。やはり髪を見させて頂かないとはっきりとは申し上げられませんが、どちらか迷われたときは使ってみて質感などのお好みで決めてしまっても問題ありません。
      髪を見てくれる美容師さんがいるのであれば相談してみてもよいでしょう。
      ミルボンのシャンプーとりっちゃんさんのような方をつなぐのが美容師の仕事ですので、私たちも迷われる人が少なくなるようにもっとやるべきことをやっていかなければいけませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です