あなたは大丈夫!?売れない美容師に多いタイプの話。

stock-illustration-8356506-hairdresser

どうもこんにちは。美容師って本当に難しい職業です。近ごろでは売れない美容師さんが増えてる気がするんですよね。。。

まぁ僕も人の事を偉そうに言えるほどの者ではないですが自分への戒めも含め書いていきたいと思います。

まず僕が思う売れない美容師の基本的な例を挙げておきます。

スポンサードリンク

  1. 基本的な技術や接客のレベルが低い
  2. 元気がない。というかやる気そのものが感じられない。
  3. 私生活からだらしない
  4. 自分の事以外興味がない

などですかね。

1つずつ見ていきましょう。

技術力、接客力不足

まず①からですがこれはデビューしたことに満足している方に多い気がします。スタイリストデビューってすごくうれしいですがそこで満足してませんか?まだスタートラインに立っただけです。スタート完全に出遅れていますが大丈夫ですか?アシスタントも例外ではないですよ!検定に合格して満足してませんか?最低ラインに合格しただけです。上手くないです。だから上手くなってください!

自分より優れている美容師なんて山ほどいます。向上心がなければ肩書だけの美容師になってしまいますよ。

また接客にも同じことが言えます。②にもつながる話ですが向上心をもっていかないと話になりません。一から出直した方がいいくらいです。

これらがまだデビューしたてのスタイリストやアシスタントならまだ救いようがあります。でもある程度経験があるような人になってくるともう固定概念とプライドの塊でしょうからどうしようもないかもしれませんね。仕方ありません。全ては自分がやってきたことの結果です。

そして②番です。

元気、やる気が感じられない

ようするに負のオーラが出ているタイプ。『元気ないけど大丈夫?』とかよく言われる人注意してください。そのままでは売れない美容師への道をまっしぐらです。当たり前ですが元気のない方といるとこっちまで元気なくなります。楽しくなさそうな人といるとこっちまで楽しくなくなります。そんな人にやってほしくないですよね!お金払って気分を悪くしに来るお客様などいません。

だいたいこのタイプの人は目が死んでます。声とか小さいです。返事は素直ですが一度注意されたことを何回もやります。やる気ないのをお客様はちゃんと見てますよ!

『でもやる気でない時もある』『今日しんどいから』??? いえいえ!貴方いつもそうですから!笑

勘違いしてはいけませんがなんでも大きな声で話せばいいのでもないです。元気のある方、やる気のある方、真剣に頑張っている方って輝いていませんか?そういう事です。

そして③番ですが…

だらしない

スポンサードリンク

仕事ちゃんとしていれば私生活は関係ないと思いではないですか?いやいや私生活はそのまま仕事に出ます。よれよれの服きてませんか?服から生乾きの臭いしてませんか?歯みがきちゃんとしてますか?もちろん髪にちゃんと気を使ってますか?

全部見られていますよ!類は友を呼ぶって言葉がありますが自分のお客様もそうなっていきます。そんな人に限って『僕のお客様、来店周期長いんですよねー』『トリートメントしないって方が多いんですよね~』と愚痴ります。貴方がそうだからですよ!!

『美意識が高くてオシャレに興味があって自立してて』そんな方が多ければ美容師としてもやりがいがありますよね?ならまずは自分がちゃんとしましょう。

最後に④番ですが

周りに興味がない

これは極端な話、美容師になってはいけなかったタイプの人。まず気がききません。いや気付いてないのでしょう。

足元にゴムやピンが落ちてても、スタッフが重そうな荷物を運んでても、ゴミ箱がいっぱいになっていても無視です。いや気付いてないのでしょう。そして気が付けてない事にも気がつけていないタイプ。当然お客様の事にも気づきません。

このタイプの人にいたっては『自分、人に興味ないんですよねー。フフン』とか言い出します。なんならちょっと得意げです。なぜこの世界に…?笑

なかなか周りに気が使えない人が成功するのは見たことないですねー。

では逆に売れっ子美容師になるタイプってどんな人なのでしょう。

僕が見てきた売れっ子的な人たちは

  • いい意味で自分の好きな世界観やテイストを貫いてる
  • とにかく太陽みたいで周りに自然と人が集まるタイプ
  • NOと言わない(お客様の要望にも飲み会のお誘いにも)

ざっくりですがこんな方々だったと記憶しています。さて、ここまで偉そうに語ってしまいましたが全て実際に出会ったことのある方々のお話しです。自分もこれを書いたことによりより一層気をつけて励んでいきたいとおもいます。

ではまた。