美容室の集客!紹介はたった5つの事を実践すれば確実に増える

ワンポイントアドバイス

今美容業界の深刻な問題のひとつが集客に関して。

たくさんのサロンがひしめき合っている中より自分のサロンを選んで頂くのは本当に難しいことです。

では最も効果的な集客方法とはなんでしょうか?

スポンサードリンク

間違いなく紹介でしょう。

一番コストがかからず、かつ確実な集客方法です。また紹介で来店されたお客様は初めからある程度の信頼を置いて下さってますので担当者も本当に助かります。

しかし、只々待っていても紹介は増えません。

紹介を増やす5つのポイントについて

今回のテーマです。

実にシンプルな答えですが以外と出来てない方が多いので是非ご参考に。

紹介というシステムを知ってもらう

お客様は皆、紹介というものを知ってますか?

美容師があって当たり前と思っていても以外とお客様は知らない事が多いです。

まずは紹介というものを知ってもらいましょう。

口頭で説明するのもpopなどを作るのもなんでも構いません。

口頭で説明する場合、一回だけではお客様は忘れてしまいます。しつこく伝えるのは逆効果ですので上手く会話に紹介の事を混ぜながら最低でも3回は伝えるようにして下さい。

popも待合などお客様の目線の高さに目立つように設置しましょう。

紹介カードなどのツールの活用

紹介カードは確実に必要です。

渡しておくとお願いした方も忘れないですし、紹介された方も店名や担当者を把握しやすいのです。

おそらく口頭で紹介された場合、紹介された側は忘れてしまいます。

店名や担当者もまず出てこないでしょう。人の記憶とはそんなものです。

カードには店名や電話番号、担当者の情報を分かりやすく記載しお客様がアクションを起こしやすくする工夫をする事が大切です。

紹介してほしいとはっきり伝える

当たり前の事ですがちゃんと出来てますか?

こんな逸話があります。


 

ある街にAという大学とBという大学がありました。

ある時、街の大富豪がA大学にだけ寄付をしました。

困ったのはBの大学です。

『なぜ私たちには寄付をしてくれなかったのだろう?なにか嫌われることをしたのだろうか?』

B大学の人たちは考え抜きましたが答えが出ませんので大富豪に直接尋ねることにしました。

『なぜ私たちには寄付をしてもらえなかったのでしょうか?』

すると大富豪はこう言いました。

『えっ?B大学さんも寄付してほしかったのですか?なら言ってくださいよ!笑。A大学さんは寄付してほしいと言ってきたので寄付したんです』


 

伝えるって本当に大事な事です。

もしかしたらお客様は貴方が紹介してほしいなんて思ってないと捉えてるかも知れません。

紹介してほしいならその旨をしっかりと伝えましょう。

スポンサードリンク

紹介する相手を明確にイメージさせる

お客様との会話の中で家族や友達の話題がでてくるはずです。

大事なことは誰を紹介してほしいのかきちんと伝える事です。

帰宅して家族で御飯を食べるならお母さんを、今から友達と遊びに行くのならその友達を紹介してほしいと伝えましょう。

明確にしておかないと忘れてしまうのが人間です。

できるだけその日に会う相手を聞き出し、相手を指定して紹介をお願いするのが基本です。

お礼をちゃんとする

どんなにお願いしても紹介をしてくれない人ももちろんいます。

しかし紹介してくれる人は何人でも紹介してくれる事が多い傾向にあります。

紹介頂いたら次回、きちんとお礼をしましょう。

お礼と言ってもささやかな、でも気持ちのこもったもので十分です。

手紙で感謝を伝えるなどが良い例ですね。

これによりお客様はさらに特別感を感じて貴方のファンになります。

今後も髪や爪で悩んでいる知人がいれば貴方の事を紹介してくれるでしょう。

こういう方をたくさん増やす努力をして下さい。

まとめ

ちょっとした工夫で紹介数というのは劇的に伸びます。

まずはコンスタントに月10人を目指して頑張りましょう。

最後に大事な事ですが、ここまで説明してきたのは技術や人間性があってこその話。

素晴らしい美容師、ネイリストになれるよう日々邁進していきましょう。