あなたはどっち派?美容師が教える朝シャンに潜む7つの危険

朝シャンプー 

あなたは朝シャン派ですか?夜シャン派ですか?そして本当はどちらでシャンプーするのがいいのでしょうか?

美容室でもよくある質問です。

もしかして『どちらでもいいんじゃないの?』などと思いではないでしょうか?

そのままだと取り返しのつかない事になるかも知れません。

私たち美容師は知っていて当たり前ですが一般の方は知らない事実がたくさんあります。

今からでも遅くありません。この記事をしっかりと読んで頂いてシャンプーのタイミングについて正しく知ってほしいと思います。

スポンサードリンク

朝シャンと夜シャンどっちがいい?

これもまたよく話題になるやり取りですね。

とある調査結果では

  • 朝シャン派 16%
  • 朝、夜どっちも派 13%

という結果が出ており、合わせると世の中の人のおよそ30%が朝シャンをしているのです。

あなたはどうですか?

さて、肝心の『どちらがいいのか?』ですが結論からいきますと間違いなく夜です。

どっちでも同じように思われがちなのですが様々な角度から検証してみると朝シャンには多くのデメリットがあり髪、頭皮へのリスクも高い為、私は夜シャンを推奨しています。

では朝シャンのメリットデメリットを解説しながら適切なシャンプーのタイミングについて知って頂きたいと思います。

朝シャンのメリット

朝シャンにはメリットももちろんあります。大きくは4つのメリットが考えられます。

 

  1. 寝癖が直せる
  2. 身体のスイッチが入り、活動的になれる
  3. 寝ている間についた臭いのリセット
  4. ダイエット効果

 

が挙げられます。

寝癖が直せる

寝癖を直すのは一苦労。という方多いのではないでしょうか?

『髪を濡らしたのに治らない』『ブローしてもはねる』などの相談をよく受けます。

じつは寝癖の原因は髪の根本にあります。なのではねてる部分を少し濡らしただけではおさまらず、根本からしっかりと濡らす必要があるのです。

朝シャンプーすれば髪をしっかりと濡らすことができ、寝癖をきちんと直すことができます。

さらにしっかりと丁寧にドライ(髪を乾かすこと)やブローをすれば1日の始まりを素敵なヘアスタイルで気持ちよく始めることができるのです。

身体のスイッチを入れれる

朝、どんなに眠たくてもシャワーを浴びるとスッキリできますよね。

これには体のホルモンなどが関わっています。

寝ている間には副交感神経を優位にするホルモンが分泌され、これにより体はリラックスモードに入ることができ、効果的に体を休めることができます。

しかし、寝起き時にはこの副交感神経がまだ働いていますのでなかなか体が活動モードに入りません。

そこにシャワーを浴びる事で刺激をうけ、交感神経にスイッチが切り替わり体がシャキッとするのです。

一日のスタートを切るのに朝シャワーは非常に良いと言えます。

寝ている間に臭いをリセット(体臭予防)

人は寝ているあいだにも多量の汗をかきます。それに伴い皮脂の分泌も進むので臭いが気になるひともいるでしょう。

朝シャンにより睡眠時の汗や臭いを落とし、シャンプーの香りを髪につけることで自分の臭いを気にすることがなくなります。

ダイエット効果

シャワーを浴びると体温が上がり、血行がよくなります。

身体の代謝があがり、エネルギーの消費も活発になりますのでダイエット効果も見込めます。

ただし、これはあくまで痩せやすい体質を作るという意味でのダイエットをサポートするものであり、朝シャンが直接ダイエットに繋がることはありません。

朝シャンで痩せるならみんなしてますよね。

朝シャンのデメリット

さて、それでは本題に入っていきましょう。朝シャンのデメリットですがたくさん挙げることができてしまいます。

 

  1. 髪や頭皮が傷つきやすい
  2. 紫外線など外部刺激でもダメージを受けやすい
  3. 乾燥肌のリスク
  4. 油分過多になりやすい
  5. 夜シャンプーをしなくなる
  6. 薄毛のリスク
  7. 頭皮や顔の肌の老化

 

の7つについて解説していきたいとおもいます。

髪や頭皮が傷付きやすい

朝ってゆっくりお風呂に入っている時間ありますか?多くの方は『ない』と答えるはずです。

実際、ほとんどの方がバタバタしながら朝の準備を進めるはずです。

シャンプーも時間がないとどうしても雑になりやすく髪の絡みを無理矢理ほどいたり、爪で頭皮を傷つけたりしがちになってしまいます。

またドライヤーで乾かす時間もなくなるとさらによくありません。

髪が痛む原因のほとんどは髪を乾かさないが為に起こるものなんですよ。

せっかくの朝シャンが意味のないものになってしまっている方はたくさんいらっしゃると思います。

紫外線などのダメージ

紫外線や乾燥など髪を傷める要因はたくさんあります。

夜シャンプーしていれば寝ている間に必要な皮脂が分泌され、朝には髪や頭皮が保護されている状態になっています。

しかし、朝シャンをしてしまうとまた油分が失われてしまい、髪や頭皮は直で紫外線や乾燥にさらされてしまいます。

今は紫外線スプレーや洗い流さないトリートメントなどもありますがもっと上質で効果があるのは自分の皮脂でもあるのです。

特にスキャルプシャンプーやメンズ用のシャンプーをご使用の方は要注意です。

こういった種類のシャンプーは脱脂力が強く、油分を必要以上に落としてしまいますので気をつけましょう。

乾燥肌や肌荒れのリスク

朝と夜2回シャンプーすることにより、頭皮の油分が不足し、乾燥肌になるリスクもあります。

ちなみに私は乾燥肌なので一回のシャンプーだけでも頭皮が突っ張る感じがあります。朝には油分が補われ気にならなくなっていますが、ここで朝シャンしてしまうと完全に油分がなくなってしまいます。

皮脂は細菌などから皮膚を守る働きもありますのでなくなってしまうと肌の免疫力も落ちてしまうのです。

脂性の方はまだしも乾燥肌や敏感肌の方はシャンプーは1日1回にしましょう。

油分過多

油分を必要以上に取りすぎてしまうと今度は逆に油分過多になる可能性もあります。

体は常に自分を守ろうとしています。頭皮が常に乾燥状態にあればいつもより皮脂の分泌を増やし補おうとするのです。

これは体質が変わるという事ですので皮脂の他にもあちこちで影響が出てくる可能性があります。

乾燥肌の人はもともとの油分が少ないので特に注意しましょう。

夜シャンプーをしなくなる

およそ16%の方が朝のみのシャンプーで済ましています。夜シャンプーをしなくなるのです。

これが朝シャン最大デメリットと言えるかも知れません。

皆さんご存知だとは思いますがお肌と同じで髪や頭皮にもゴールデンタイムというものがあります。

寝ている間に必要な栄養が補われたり、修復が行われるのですがこの時、頭皮の毛穴や髪に汚れがべったり残っていたらどうでしょう。

せっかくのゴールデンタイムが台無しになってしまうと髪や頭皮はキレイになりません。

また頭皮の汚れは放っておくと過酸化脂質という物質になりこれが臭いの原因ともなります。これが毛穴に溜まっていくと普段のシャンプーでは取れなくなってしまい、さらに悪影響を及ぼすので1日の最後にはシャンプーで頭皮の汚れをリセットすることをおすすめします。

薄毛のリスク

ここまで説明してきましたが

 

  • 時間がない中での洗い残し
  • 乾燥による頭皮、髪へのダメージ
  • 毛穴への汚れのつまり

 

などが積み重なると最終的に髪は痩せ細り、抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

朝シャンしているからといって必ず薄毛になるとは言えませんが可能性は夜シャン派の人に比べて高いと言えるのは間違いないです。

男性に多い悩みです。『男性必見!メンズシャンプーの選び方を髪のプロが教えます』でも解説していますのでお悩みの方はご覧になって下さい。

頭皮や顔の肌の老化

先ほど説明した過酸化脂質ですが老化物質のひとつでもあります。

老化=体の酸化。なのですが過酸化脂質は体の酸化によりできる物質です。

これを放置すると頭皮は老化し、臭いやエイジング毛の原因です。

また頭皮が老化すると乾燥し硬くなっていきます。こうなってくると頭皮とつながった顔の皮膚も水分やハリ、キメが失われてしまうのです。

シャンプーは美顔とも密接な関係性があるのです。

スポンサードリンク

正しい朝シャンの仕方

ここまで長々と説明してきましたがそれでも朝シャンしたい!という方もいらっしゃるはずですので美容師として正しい朝シャンの方法をお伝えしておきます。

※朝、夜両方シャンプーしたい方の為に書いています。朝のみの方は是非夜派に変えて頂きたく思います。その方が確実に髪と頭皮の為ですので。

 

  1. 時間は余裕をもってとる
  2. シャワーの温度はぬるめ
  3. シャンプーは優しく泡立てる程度でもOK
  4. しっかりと流す
  5. 朝はスキャルプ系は使わない

 

この5つのポイントが挙げられます。

時間は余裕をもってとる

時間の余裕がなくなると全てが雑になってしまいます。

朝のバスタイムは余裕をもって時間を取り、ドライヤー、スタイリングまできちんと行いましょう。

お湯はぬるめ

熱いシャワーでは油分が取られすぎます。夜シャンプーしていればそこまで汚れは溜まっていないのでぬるめのシャンプーで頭皮や髪への影響を極力抑えるようにしましょう。

シャンプーは優しく

これも理由は上に同じです。ゴシゴシする必要はなく、泡立てただけでも十分に汚れは落ちていますので優しく洗って下さい。

しっかりと流す

流し残しは臭いや毛穴のつまりの原因ですのでしっかりと流しましょう。目安として約2分はお湯で流して下さい。

これはシャンプーする前も後もです。

トリートメント後は別です。トリートメントは頭皮につけないのでシャンプーほどしっかり流さなくても大丈夫ですので適度に流して下さい。(トリートメントは流しすぎにも注意です)

スキャルプ系は使わない

これも同様の理由で油分を取り過ぎない為です。

特に男性の方に多いと思いますので注意してください。

1日に2回スキャルプシャンプーでゴシゴシ洗うと脂性肌の原因にもなります。

面倒だとは思うのですが2種類のシャンプーを使い分けるか洗浄力の優しいシャンプーを使いましょう。

もちろん美容師に相談頂いても大丈夫ですし、あなたに合ったシャンプーをご紹介できると思います。

まとめ

もう一度朝シャンのデメリットについてまとめておきます。

 

  1. 髪や頭皮が傷つきやすい
  2. 紫外線など外部刺激でもダメージを受けやすい
  3. 乾燥肌のリスク
  4. 油分過多になりやすい
  5. 夜シャンプーをしなくなる
  6. 薄毛のリスク
  7. 頭皮や顔の肌の老化

 

もちろんメリットもあるのですが夜にメインでバスタイムをとり、朝は時間に余裕を持って軽く目覚まし程度のシャワーにするのがベストと言えます。

毎日なんとなくしているシャンプーにも実は大切な意味があるのです。

この記事を少し頭の片隅に置いて頂いて素敵なヘアライフを送って頂ければと思います。

ではまた。

朝シャンプー 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です