美容師が教える市販シャンプーと美容室シャンプー5つの違い

シャンプー イメージ画像

髪を洗うシャンプー。貴方はどのようなところで購入していますか?

世の中には一般に流通している市販品と美容院など専門店でしか取扱いのないサロン専売品の2種類のシャンプーがあります。

この違いを知っているでしょうか?

もし『シャンプーなんてどれも同じでしょ?』と思われているなら、あなたはとても損をしているかも知れません。それくらいこの2つには違いがあるのです。

この記事では美容師がわかりやすく市販品とサロン専売品の違いについて説明していきますのでぜひ参考にして頂きたいと思います。

シャンプーの事をもっと知って頂き、今後のシャンプー選びに生かしてくださいね。

スポンサードリンク

シャンプーの違い 市販品と美容院サロン専用

市販品とプロ用のシャンプーの違いは大きく分けると

  1. 価格
  2. 成分
  3. アフターケア
  4. こだわるポイント
  5. 購入できる場所

の5つにわけることができます。ではひとつひとつ見ていきましょう。

価格

まず値段が圧倒的に違います。市販のものが5~800円くらいなのに対してサロン専売品は2~4000円くらいのものが多くかなり差があります。

最近では市販のものも1000円以上するサロン品質シャンプーもでてきているようですが市販品は市販品ですので注意してください。

高いものはいいのか?と聞かれると必ずしもそうではなく髪質にあっていることが一番大切です。5000円以上のシャンプーがあう人もいれば1000円以下のシャンプーが合う人もいるのです。

しかし、高いものには高い理由が。安いものには安い理由があるのも間違いなく、やはり高級品には良質な原料が使われています。

ステキなサービスを受けたければビジネスホテルではなくそれなりのホテルに泊まりますよね?シャンプーも同じなのです。

成分

価格の違いは成分の違いでもあります。やはり良質な成分は希少でもあるのでシャンプーに配合しようとするとコストが高くなってしまいます。

最近ではオーガニック製品が増えていますが天然由来の成分はやはり割高で、品質保持の化学成分も使わないとするとさらに保存の技術が必要になり値段に反映されていきます。

ちなみに予備知識ですが成分表を見たことありますか?

シャンプー 成分表

シャンプーボトルやパッケージに書いているコレです。

配合量の多いものから並んでいます。どんなものが多く使われているのか知りたい人はここを見ましょう。

  • ラウリル~
  • ラウレス~
  • ~硫酸

こんな成分には要注意です。高級アルコール系といって髪を傷めやすい洗浄成分です。これに対して…

  • ~ベタイン
  • ~グルタミン酸~
  • ~アラニン~

などは髪を優しく洗える洗浄成分です。後は…

  • ~エキス ~油
  • セラミド
  • リピジュア

などは良質な補修成分ですのでぜひ参考にしてください。

アフターケア

美容室でシャンプーを購入するメリットはアフターケアを受けれる点です。来店の度に髪の状態を見てもらい使用感や髪の変化についてアフターフォローをいれてもらえます。髪が変わればあうシャンプーも変わってきますのでそのたびに新しくあうシャンプーを選んでいただけます。

また万が一トラブルが起こったときもご連絡いただければすぐに状態を見させていただき、適切な対処をさせていただきます。

シャンプーを購入してもらうまで責任をもつのではなく、購入して頂いた後も髪がきれいになるまで私たち美容師が責任をもってアドバイスさせていただきます。

もしかしたらこれがお客様にとっては一番のメリットかも知れません。

こだわりポイント

市販のシャンプーとサロンのシャンプーはこだわっているポイントは違います。

  • 一般の人でも手軽に
  • 香りがいい
  • 泡立ちが良く洗いやすい
  • ブランドイメージ

などに市販のシャンプーはこだわって作られているのに対し、美容院のシャンプーは

  • 髪や肌への優しさ
  • 栄養、補修成分
  • カラーやパーマのもちを良くする
  • 美しい髪

にこだわって作られています。

先ほど市販のシャンプーは5~800円のものが多いと説明しましたがこれはシャンプー成分、ボトル、開発費だけの料金ではありませんよ。

みなさんが毎日見ているシャンプーCMのCM料、モデルや女優さんのギャラでかかる費用もおそらく価格に反映されています。

ということは原材料だけの値段は…。(おそらく2~30円ではないかと)

市販のシャンプーはそういったものであるということは頭に入れておきましょう。

購入できる場所

言うまでもなく市販品はどこでも買えますし、サロンのものはサロンでしか買えません。

しかし、最近ではサロン専売のシャンプーもネットで手にいれることができるようになりました。これははっきり言って違法商品です。

もちろん買ったからといって罪にはなりませんが(横流ししているディーラーさんは犯罪ですよ)

  • 古くなっているものもある
  • 品質管理がちゃんとしているかは不明
  • アフターフォローはない

などのリスクもあります。

もちろん髪がキレイになるのならどちらで購入頂いても構いません(私個人の意見です)がリスクについては注意しておいてください。

髪がいたむ理由

シャンプーでなぜ髪が痛むのか?知らない方も多いはずので例を挙げて説明していきます。

突然ですが『スクラブ』って知ってますか?

スクラブマッサージ

出典:@COSME

洗顔料やハンドマッサージクリームなどに入っているものです。バスソルトなどの岩塩もこれに含まれます。

塩で手をマッサージするようなイメージをしてみてください。

普通は粒が細かいので肌につけてマッサージしてもそんなに痛くありません。しかし、これが大きな粒だったらどうでしょう?

おそらく痛みが強く、ゴツゴツしたスクラブなら血がでるかも知れませんよね。

大きな粒になると肌にはダメージがかかってしまうということです。

これは髪も同じで市販のシャンプーは美容室専用のシャンプーより洗剤の粒が大きいと言われています。

眼には見えないものですがシャンプーは毎日するものですので少しずつ、でも確実に髪には傷がついていきます。

ひどい場合には髪のキューティクルを剥がしてしまうこともあり、髪に優しい成分で洗う事が大切なのです。

市販シャンプーのメリットデメリット

市販、専売品両方のメリットデメリットを語らず市販はダメと言ってしまうのは親切ではないと思ってしまいますのでどちらもメリットデメリットを紹介しておきます。

メリット

  • 安い
  • どこでも手にはいる
  • 気軽に試せる

市販品はまずはなんといっても手軽さが魅力です。数百円から購入できますので色々試すこともできます。

また量販店やドラッグストアなどどこにでも置いてあるので購入場所に困ることもありません。

デメリット

  • 髪をや頭皮を傷める可能性がある
  • カラーなどのもちは悪い
  • 自分にあうものを選べない

デメリットはやはり髪や肌に負担がかかる事。敏感肌の方などは特に注意が必要です。(ちなみに私は超敏感肌なので合わないシャンプーだと頭皮が荒れます)

そして自分に合ったものを選べないのでひたすら試し続ける必要もあります。

また先ほども述べましたが洗浄成分が強く髪に傷がつきやすく、傷ついた部分からカラーなどが流れ出てしまいます。

スポンサードリンク

サロン専売品シャンプーのメリットデメリット

サロン専売品にもメリットデメリットはあります。ひとつずつ説明していきます。

メリット

  • 効果が高い
  • プロが選んでくれる
  • 合っているものであれば髪質を変えられる

効果は間違いなく高いです。配合されている成分も良質なものが多く髪の補修効果もあり、優しく髪を洗うことができます。

美容師が選んでくれることで髪質や自分の好みにあったものを使うことができ、色々と試さなくてもぴったりのシャンプーを見つけることができるのです。

さらに髪のクセや広がりでお悩みの方がいらっしゃれば髪質をキレイに変えていくこともできますの相談してみてください。

デメリット

  • 値段も高い
  • サロンまで買いにいく必要性
  • 人には勧めにくい

デメリットとしてはやはり価格。高いものだと10000円以上するものもあり効果はあると言えど高級品です。高いものが必ず髪にあうとは限らないので値段は参考程度にしておきましょう。

あとサロン専売品なのでなくなったらサロンに買いにいく必要があります。シャンプーを使った髪の状態を見せれるいいタイミングですのでついでに髪を見てもらいましょう。

また自分にあっているシャンプーが他の人に合うかどうかは素人の方には分からないのでお友達や家族に勧めにくいということもありますね。

市販のおすすめシャンプーはあるのか?

市販 シャンプー

よく質問されます。

やはりプロとして意見は明確にするよう心がけています。多くの美容師が同じ意見だと思いますが、

プロとしておすすめできる市販品はない

コレです。

色々な要素を考慮しての判断です。もちろん市販品を目の敵にしているのではなく、具体的には

  • 見た感じで補修成分や洗浄成分的に特に違いがあるとは思えない(市販品はどれも同じな印象)
  • 市販品自体が美しくなりたい女性にプロとして心から勧められるものでない
  • 髪質とのマッチングの難しさ(プロ用と違い検証やモデルのデーターが少ない)

こういった事をふまえてお客様にはアドバイスさせて頂いてます。

美容師が市販はダメという理由

あなたは担当の美容師さんに『市販のシャンプーは使わないでください』と言われた経験はありませんか?もちろん私もよく言っています。

なぜ美容師はそんなに必死になって伝えてくるのか疑問に思われた方も多いはずです。

一番の理由は

  • 自分の担当しているお客様の髪は絶対にキレイにしたい

という想いからです。

市販が絶対ダメではないですが美容室シャンプーを使って頂いたほうが間違いなく髪をキレイにしていくことができますし、お客様がカラーやパーマを希望された際にもコンディションが整っていればさらにクオリティーの高い技術を提供できます。

もちろんどんな状態でもなんとかするのがプロなのですが1年間で1人のお客様に携われるのはわずか5~6日ほど。

後の360日はご自身でケアしてもらう必要があります。美容室での5~6日のケアと自宅での360日のケアのどちらが大切かはみなさんお分かりだと思います。

その360日を無駄にしない為にプロ用を勧めさせて頂いているわけです。

もしかしたら中には売上の為に商品をすすめるような人もいるかもしれません。でもほとんどの美容師はお客様と真剣に向き合っています。

あなたの担当美容師さんはどうですか?

きっとお客様の為たくさん勉強し、最善の方法を選び、相性の良いアイテムを提案してくれるはずです。その情熱が伝わっているのなら一度真剣に髪やシャンプーの事について相談してみてはいかがでしょうか?

まとめ 結論どちらがいいのか?

たかがシャンプー、されどシャンプーです。

髪は一度ダメージしてしまうとなかなか元に戻すのが難しいです。シャンプーでのダメージも例外ではありません。今まで自分で髪を傷めてしまっていた方も多いでしょう。

間違ってほしくはないのですが市販品はダメと言い切れるわけではないです。

ただ『使ってほしくはない』これが美容師の本音ですね。

大切なのはシャンプーがあなたの髪に合っている事なのです。

やはり美容師として市販品を勧めるのはどうかと思いますので最後にもう一つ大事なことを…

『サロン専売品にはお客様の髪をキレイにしたいというメーカーさんや美容師さんの情熱がこもっています』

正しい知識を身に付け髪をキレイにしていきましょう。この記事が少しでお役に立てば幸いです。

私たち美容師もシャンプーの大切さを日々伝えていきたいと思います。