総額は?20代で独立し美容室をオープンする為にかかった費用

659f199264b3d68694a3d4f77dad4851_w

美容師が独立するためには何が必要でしょうか?情熱?それともついてきてくれる仲間たち?いやまず【お金】ですね。

もちろん情熱や仲間がいなければ【成功】はないでしょうが、まず【お金】がないと話になりません。

スポンサードリンク

独立して自分の店をオープンするのに一体どれくらい費用はかかるのでしょうか?それがわからないと融資の額も決まらないですよね。

ということで美容室をオープンするために必要な費用をざっと計算してみたいとおもいます。私の美容室を例に挙げていきますので同じ境遇の方は参考にしてみてくださいね。

まず私の美容室の基本情報です。

坪数 22坪
3階ワンフロア
席数 6席
シャンプーブース 3席
立地 駅から徒歩2分 ビルは築年数古め ロケーションは良好 エレベーターなし

物件取得まで

まず物件取得ですね。規模によってかなり金額は変わってきます。

家賃を平均的な20万に設定して話をすすめていきますね。

敷金 20万
礼金 20万
手数料(家賃の半分が平均) 10万
諸経費 3万
保険各種(2年として) 6万
初月の家賃 20万
合計 106万

まぁこれくらいは見ておいて妥当です。思ったよりかかってますか?20万の物件でも契約する段階でこれくらいは必要になります。

改装 工事 に掛かる費用

改装は業者にもよりますが【坪単価20万】くらいが平均的と言われていますね。ざっと出していきます。

工事一式(全て含む) 20万×22坪 440万
看板 20万
デザイナー料 30万
合計 490万

美容室を専門に扱っている業者なら鏡やシャンプーも一緒につけてくれますが私は別だったのでここには入っていません。デザイナーも別で雇いました。美容専門の業者の方が安くできるかもしれませんね。

機材類

ちなみに私はリースで機材をいれているのですが、買ったという計算にしてみていきます。

鏡(アンティーク品)×6 18万
シャンプー台(サイドシャンプー)×3 36万
デジタルパーマ 10万
スチーム 30万
ワゴン×3 3万
セットいす×6 54万
合計 151万

リースの場合、分割になりますのでこの項目の初期費用がなくなります。資金面に不安のある方は相談してみましょう。

宣伝広告、WEB

スポンサードリンク

ここにしっかりお金をかけれないとオープンしてから苦労することになります。

ホームページ作成 15万
ロゴデザイン 5万
カード、名刺類 3万
集客サイト掲載費 5万
チラシ作成 15万
合計 43万

ホ○トぺッ○ーなどを使う場合地域によってかなり掲載費が異なりますので高ければこの4~5倍はするでしょう。

材料 備品等

こまごましたものも以外に高くつくものです。

材料オープンキット 15万
薬剤、シャンプー 20万
その他店の備品類 15万
合計 50万

個人店規模でこんなもんです。店の規模が大きければもっと高くなりますね!

その他

保健所の検査費 2万
運転資金 +α

運転資金はあればあるほど安心できますね。

総額は…

物件取得 106万
改装、工事 490万
機材 151万
宣伝広告、WEB 43万
備品 50万
その他 2万+α
合計 842万+α

ざっと出していくとこんな感じでしょう。いいものをいれたければもっと金額は上がっていきますし、店の規模によっても変わってきます。

個人店で必要最低限なものを集めてもこれくらいは見ておいてくださいね。みなさんが見積もっていた額とはどうでしょうか?

美容室一店舗作るのに1000万が相場と言われますがまさにその通りといったところでしょう!

資金はしっかり用意して準備を進めていくことが成功への第一歩です。

ぜひご参考に。

659f199264b3d68694a3d4f77dad4851_w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です