美容師に学ぶ!手荒れの原因と予防の為の厳選ハンドクリーム

シャンプー 泡

あなたはひどい手荒れに悩んではいませんか?

対策は?予防は?どうしたら治るのかわからないのにどんどんひどくなっていく。。

そんなモヤモヤを抱えてませんか?

そこで今回は手荒れする職業No.1と言える美容師から手荒れの予防や対策について学んでいただきます。

美容師を悩ます問題のひとつも手荒れです。

これが原因により美容師を辞めてしまう方も多いことは非常に悲しいことです。

症状には個人差がかなりあり、中には全く荒れない人もいますし、どんなに気をつけていても荒れてしまう人もいるのです。

私も美容師一年目からひどい手荒れに悩まされ、病院にも何回も通いました。正直もう無理かなと思ったこともありました。

でも諦められず治療し続けた結果、今ではほとんど手荒れは治り楽しく仕事をしています。

そんな体験を踏まえてこの記事は書いていくので同じお悩みをもったあなたの助けにきっとなるはずです。

美容師を例に挙げ説明していきますが、それ以外の方も自分の日常に置き替えられるポイントばかりです。

全ての方の手荒れ症状に当てはまると思いますので良かったご参考に。

スポンサードリンク

美容師を辞める理由NO.1

実際に私も肌が弱いのでひどく荒れていましたし、なんなら今でも少しは荒れます。(カサカサする程度)本当に辛いですよね。

シャンプーをよくするアシスタント1~2年目に荒れ始めることが多いのですが人によっては何年も経ってからいきなり荒れることもあり日ごろから注意しておく必要があります。

私もドクターストップをかけられたこともありましたが諦めきれず今でも肌と向き合いながら美容師を続けています。

治したいですよね?ネイルとかもしたいでしょうし、人に見られたくないとかそんなことを気にせず過ごしたいですよね?女性なら尚更です。

症状

乾燥肌、敏感肌の方に多いはずです。

【美容師の場合】

洗い物、シャンプーやドライヤーを繰り返す

手首や指などに小さなプツプツがたくさんできはじめ、猛烈に痒くなる

掻きむしった結果、プツプツが潰れ汁が出る

その手でまた洗い物、シャンプーやドライヤーをする

さらにひどくなっていく。

みなさんこんな感じではないでしょうか?主婦の方でしたら食器の洗い物などが主な原因でしょう。まさに悪循環、負のループです。

また爪のキューティクル(甘皮)はなくなり根元が見えそうなったり、爪と皮膚の間が膿んだりします。

特にひどい症状の人は手首の荒れが広がり、腕や背中に達することも。

朝、手が痒すぎて起きたり、掻いたらダメと分かっていても掻きむしってしまいます。

乾燥する冬にはアカギレがひどくなり、手を動かす度に裂けて苦痛です。

こんな手荒れを改善していくにはまずは原因や対処方法を知る事から始めましょう。

水泡や手湿疹

これが出来始めると本当によくありません。痒みもいっそう強くなり、荒れが広がっていきます。

また潰れるとさらに悪化していくので極力掻かないことを心がけて下さい。

手荒れの原因

美容師以外の方

美容師ではないという方の手荒れの原因としては洗剤と乾燥です。特に主婦の方は要注意です。

台所用の洗剤は人間の皮膚には刺激がかなり強いものです。

頑固な油汚れもキレイに落としてくれますよね?人間の皮脂なんて一瞬です。皮脂がなくなりバリアを失った肌が乾燥にさらされると荒れてしまうことはご想像できるはずですね。むしろ荒れない人の方が凄い。洗剤とはそれほどのものです。

シャンプーとドライヤー

多くの場合は素手でシャンプーをし、ドライヤーを使うことによって手の潤いが失われることです。

これは美容師にもそれ以外の方にも当てはまります。

普通は皮脂が手を乾燥から守ってくれていますが当然シャンプーはこれを洗い流してしまいます。

そこにドライヤーで温風を当てると乾燥はさらにひどくなり荒れてしまいます。

一回荒れてしまうとなかなか治りません。

汁が出るのは菌が繁殖しているからです。汁が乾燥し免疫の落ちた肌に付着すると荒れが広がっていくのです。

カラー剤やパーマ液

これらの薬剤はアルカリ性であり、刺激物です。

もちろん素手で触るのはオススメではありません。しかし美容師は普通に触ります。

荒れていなくとも手に負担がかかるのに荒れている部分に着いたらどうなるかは想像するのは簡単ですね。

とくにパーマ液は注意です。

チオ系はアルカリが強いですし、コスメ系のシステアミンは残留性が高いです。いつまでも匂いが取れないのはまだ成分が手に残ってしまっているからなんです。

アレルギー

カラー剤にはジアミン系という成分が入っておりアレルギー反応が出る方もいらっしゃいます。

最近ではアレルギーが出にくいカラー剤も開発されてはいますがまだまだジアミンが使われているのが現状です。

ジアミンアレルギーの方は自分がヘアカラーする際もひどくしみたり、荒れる事が特徴ですので気をつけましょう。

治す対策はしっかりと

以上のように手荒れは複合的要因が重なり起こるものなので対策をするのが難しいです。

悪循環が積み重なると医師もストップをかけざるを得ません。そうなる前にしっかりと対策をしてひどくならない、また手荒れにならないように日頃から気をつけておくことが大切です。

間違った対処をしてしまうと余計にひどくなることもありますので正しい知識を身に付けて下さい。

スポンサードリンク

対処方法

お湯は極力避け冷水を使用する

荒れている時に熱湯を手にかけたりしてませんか?私はやっていました。これをやると一瞬、痒みが止まるんです。一瞬だけです。

もちろんですがよくありません。

お湯になるほど油分が失われやすいからです。

痒すぎて熱湯をかけたくなる気持ちはすごく分かりますがグッと我慢して手は冷水で洗うようにしましょう。

手袋をつけることによる予防

カラーやシャンプーの際は手袋を着用して手を保護しましょう。家庭で洗い物の際にも手袋がおすすめです。カラーやパーマがとにかく手につかないように注意し、シャンプーで手の油分がもっていかれるのを防ぎます。

使った手袋は都度しっかり洗い手袋に薬剤が残らないように注意して下さい。

微量でも薬剤が手袋に残っているとそれが手に付き荒れてしまいます。手袋をつける時には表裏の確認も忘れずに。

保湿ハンドクリームでのケア

サロンによってはシャンプーの際の手袋が禁止されている事もあります。

そういう時は保湿が大切です。

手が濡れた後はハンドクリームを塗り込んで乾燥を防ぐ心がけをしましょう。

※手荒れしてしまっている手に塗るとクリームの種類によっては悪化する事もあります。医師に相談しましょう。

※クリームを塗る前にはしっかりと手を洗い清潔な状態にしてからケアをして下さい。

口コミでおすすめのハンドクリーム

ミルボン メレナーテ ハンドクリーム

手荒れ おすすめ ハンドクリーム

美容専売品メーカーが美容師の為に作ったハンドクリーム。

美容師の手を薬品から守ることを第一に作られているので安心して使えます。業務用サイズなのでサロンが置いてくれている店もあるほどのクリーム。

紫雲膏

手荒れ おすすめ 漢方 塗り薬

代表的な塗る漢方。市販もありますし病院でももらえます。

問題は臭いと服などに着くと赤色が取れなくなること。

手洗いをしっかり

仕事が終わった後は手をしっかりと洗い薬剤を落とします。

特にパーマ液は手に残りやすいので入念に洗います。洗った後はクリームでの保湿も忘れずしましょう。

治療方法

しっかりと予防していても荒れてしまう事はあります。

程度により治療法は変わりますが一番大切なのは正しい治療をする事です。

皮膚科の病院に行く

まず言える事はとにかく早く、ひどくなくてもまず一回病院へ行って下さい。

髪のダメージケアは美容師に任せてほしいですよね?なら手荒れは皮膚のプロに任せるのが一番です。

間違ってもなんでもかんでも薬やクリームを塗るのはやめましょう。髪と同じでセルフでやりすぎるとよくない結果になることもあります。

私もたくさん皮膚科を回りました。

中には『そんな仕事辞めなさい』という医師もいましたが美容師という仕事を理解し最善の方法を考えてくれる医師もいました。

ネットで検索すれば皮膚科はたくさん出てきますが、もし美容師仲間で皮膚科に通っている人がいるなら紹介してもらうのが一番でしょう。

ステロイド

一番一般的なぬり薬です。効果はありますが副作用も問題。

塗り続けるとステロイドしか効かなくなったり、手に色素沈着したりします。

医師によりステロイドを使わない方もいらっしゃいますがキチンと説明して処方してくれる方がいい医師だと思います。

あまりいい噂がないステロイドですが、用法用量をきちんと守れば問題ありませんのでご安心下さい。

私も何年もお世話になりましたが特にトラブルはありませんでした。

漢方薬

あまり症状がひどくない場合に出されることが多いです。

漢方薬自体には治す力はなく、自分の免疫を高めて治す為の薬です。

初期の手荒れなら十分に治るでしょう。

抗アレルギー剤 クラリチン

手荒れがひどくなる最大の原因が痒み。いくらクリームを塗ったり薬を飲んでもすぐに掻きむしってしまうと効果が薄くなってしまいます。

痒みはアレルギー反応から起こります。それを抑えるのがクラリチン。

副作用もほとんどなく、飲むだけで痒みを鎮めてくれるので助かります。

私もこれにはかなりお世話になりました。寝る前に飲んでもおくと寝ている間に無意識に掻くことがなくなり楽になります。

完治するには

病院に行き薬を処方してもらってもすぐには治りません。

個人的な経験ではお盆や正月など連休中に極力手を使わずケアに専念した結果、ほぼ完治してそれ以降もひどくなる事は少なくなりました。

やはり毎日のシャンプーや薬剤がよくないのです。

まとまった連休はそんなにはない職業ですので休みの日は手をいたわる事に専念しましょう。

一日使わないだけでもマシになるはずです。

極力お湯は避け冷水で手は洗い、クリームで保湿を心がけて下さい。

手荒れしにくい体質になろう

手荒れは体質によっても症状が異なります。まだ手荒れしていない人も治療により治ってきた人も体質を改善し、もう苦しい思いをしないようにしていきましょう

ストレス

ストレスは万病のもとです。精神が弱ってしまうと体も弱ってしまい免疫が落ちたりします。

美容師の仕事は激務です。普段から休みの日には積極的に気分転換するようにしストレスをため込まないようにすることが大切。

運動

基礎代謝の低下も免疫力を落としてしまいます。気分転換にもなりますし、休日はゴロゴロばかりしていないで体を動かしましょう。

気分もスッキリするのでおすすめです。

食べ物

体質改善に食べ物は欠かせません。美容師はどうしてもインスタントやレトルト食品に頼りがちですが良くありません。

手荒れしたくないならバランスの取れた食生活を心かけてください。

手荒れ防止によいとされるものの代表をあげておくと

  • 肌の抗酸化力や免疫を高めるビタミン類(緑黄色野菜)
  • EPAやDHAが豊富な青魚(さんま、イワシなど)
  • 普段料理されるなら油をオリーブオイルに変えてみる(ビタミンが多く含まれています)

などです。小さな事からコツコツとやっていきましょう。

食事管理は正直大変です。でも私の経験上、大事だと思っているのは

何を食べたら良いかというより何を食べない方がいいか。です。インスタントやジャンキーなものばかり食べていてはダメですよ。

これならみなさん実践できるはずです。

サロン側の協力も必須

特に私が荒れていたタイプの人間ですのでその部分については敏感です。

私の店には手荒れするスタッフはいませんがもし、今後そういった人が加わるなら店として対策に取り組みたいと思っています。

上記でも書きましたがシャンプーの際の手袋を禁止しているサロンもあります。

もちろんお客様の事を第一に考えた為のルールですのでそれが決して悪いとは言いません。

しかしスタッフの手、美容師という夢ももちろん大切にしてあげたいと私は思っています。

個人的な努力が必要な事も間違いないく、手袋をつけてのシャンプースキルなど個人が自分を高めることも忘れてはいけませんがね。

手袋をしていても気持ちいいシャンプーができ、お客様に指名されるアシスタントも大勢見てきました。

ですのでサロン単位で話しあい、協力体制をとっていくことも大事だと思います。

本当に手荒れって辛いんです。

店としてその気持ちを共有できたら手荒れするスタッフの気持ちも少しは楽になるのではないでしょうか。

まとめ

予防と治療をまとめていきますが

  1. 素手でシャンプーや薬剤はさわらないようにする
  2. 手袋に残ったカラー剤などはしっかり洗い流す
  3. 自分の手も冷水でよく洗う
  4. ハンドクリームでしっかりと保湿する
  5. 休日はなるべく手を休めケアに専念
  6. ひどくなる前に皮膚科へ行く
  7. 処方された薬以外をむやみに使わない
  8. 荒れがひどい場合抗アレルギー薬で痒みを抑える
  9. ストレスを溜めず、適度な運動で基礎代謝と免疫力を上げる
  10. 食生活に気をつけ、荒れにくい体質に改善していく

自分でできることも多いので日ごろから心がけておきましょう。

よく『気合で治せ』なんて先輩もいらっしゃいますが絶対に治りません。

手荒れで美容師を辞めるなんて本当に悲しい事です。

先ほども言いましたが私自身も何度も病院でドクターストップをかけられましたがそれでもなんとか治療し現在も美容師を続けています。

諦めずに治療すれば私のようにほぼ治せる事もあり、まずはいいお医者さんに出会うことです。それだけでだいぶ楽になります。

手荒れは本当に辛いです。私はまだ完全に克服したとは言えませんが楽しく美容師生活を送っています。

皆さんが素敵な美容師ライフを送れるようにこの記事がお役に立てば幸いです。