ヘアビューザー2!誰でも美髪になれる魔法のドライヤーとは

image

『マイナスイオンドライヤーもいいけどもっといいドライヤーはないかな。』

『乾かすだけで髪がきれいになってしまうようなドライヤーはないかな。』

そんな事を思ったことはないですか?

実はあるんです!!ヘアビューザーをみなさんはご存知でしょうか?

ドライヤーのようでドライヤーではない。ドライヤーの域を超えた美容機器として注目を浴びています。

もちろん美容師にもファンが多く、多くのサロンでドライヤーをヘアビューザーに切り替えていっています。(私も愛用中!)

すでにお持ちの方もいらっしゃると思うのですが正しく使えていますか?100%の性能を引き出せているでしょうか?

この記事ではそんな人気のヘアビューザー(現在ではリニューアルしてヘアビューザー2)の使い方や効果、購入についてなど詳しく解説していきます。

これから購入を考えている方にも、すでに使用している方にもとても参考になると思いますので是非参考にして下さいね。

スポンサードリンク

ヘアビューザー2の効果

最大の特徴としてバイオプログラミング効果があります。聞いた事ないですよね?

ヘアビューザーには特殊なセラミックが使われており、ここから放たれる遠赤外線により髪の細胞が活性化します。

これにより

  1. 髪が潤う
  2. 髪質が変わる
  3. 肌のキメ、潤いが増す

といった。常識では考えられないような美容効果が期待できます。

ただの遠赤外線ではこの効果はできません。複数の遠赤外線を組み合わせることにより可能な特殊な技術です。

エイトログ
バイオプログラミングとは簡単に説明するとダメージした髪をダメージする前の状態に近づけていく技術です。使えば使うほど髪がキレイになっていくということですね!

普通のドライヤーとの違い

一般的なドライヤーと比較してみましょう。

おそらくみなさんがお困りなのは…

  • 乾かしているうちにツヤがなくなり、手触りもザラザラしてくる
  • 静電気で髪がまとまりにくくなる。熱でのダメージも心配
  • 髪が硬くなってクセが強くなる。頭皮もカサつく。
  • ブローすると髪のキューティクルがはがれてパサパサになる

などでしょうか。美容院でもよく相談される事例です。

ドライヤーは熱によるダメージが出るので当てすぎはよくありませんがヘアビューザーは当てれば当てるほど髪がキレイになっていく。

これがヘアビューザーと普通のドライヤーの一番の違いです。

顔のリフトアップにも使える

ヘアビューザーはなんと美顔器にもなります。髪と同じように冷風を顔に当てていくことで皮膚の細胞が活性化され、キメが整います。

また潤いも増し、リフトアップの効果も期待できますのでお風呂上りや朝のスタイリング時に一緒に行うとかなり効果的です。

注意

温風でやってしまうと火傷の恐れがありますので、必ず冷風で顔のリフトアップは行いましょう

コテ(ヘアビューロン)も人気

ヘアビューザーを開発したリュミエリーナさんはコテも開発しています。ヘアビューザーと同じ技術が使われていますので髪が痛みにくく、ツヤのある巻き髪にスタイリングが可能です。

ヘアビューロン

こちらも要チェックですね。『使うほどに髪がキレイになる!ヘアビューロンの5つの真実とは』で解説しています。

ヘアビューザーの使い方

スポンサードリンク

  1. 髪の水分をタオルでしっかりときる
  2. 温風で全体を乾かす
  3. 全体が乾いたら冷風を当てる
  4. 2と3を何回か繰り返す

が基本的な使い方です。普通のドライヤーとほぼ変わりませんがワンポイントアドバイスとしまして『冷風』を上手く使うことがポイントになります。

特に毛先は念入りに冷風を当てていきましょう。こうすることにより毛先までツヤのあるまとまった髪に仕上がります。

トップのボリュームアップも可能

冷風をトップにゆっくりと当ててみてください。トップがペタッとしやすい方もふんわりボリュームが出やすくなります。

これも細胞を活性化させることのできるヘアビューザーのみの効果です。

濡れているといくら冷風を当ててもふんわりしないので温風でしっかりと乾かしてから冷風を当てるようにしてくださいね。

クセ毛対策もできる

髪のクセやうねりでお悩みの方にもヘアビューザーはおすすめです。

クセやうねりの主な原因は髪の水分バランスが崩れているからです。1本の髪に水分が多い所や少ない所があると髪はうねってしまうので水分バランスを均一にしていく必要があります。

ヘアビューザーを使用していくことで髪の水分バランスが整っていきうねりやクセがおさまりやすくなります。

また、水分バランスが整うことによりゴワゴワした手触りもなめらかになっていきます。すぐに効果がでるものではありませんが継続して毎日使っていけばあなたの髪はもっと扱いやすくなっていくはずです。

注意

強いくせやうねりは縮毛矯正ではないのでヘアビューザーだけでは完全にストレートにはなりません

動画で見てみよう

とにかく見た方が早いし、分かりやすいという方はこちらの動画が非常にわかりやすく作られていますので共有させていただきます。

普通のドライヤーとの比較や顔のリフトアップまで見れます。ぜひご覧ください。

価格について

やはりみなさん気になるのが値段ですよね!?

ヘアビューザー2は正直、ドライヤーとしては高いです。いいものだから仕方ありませんよね。

普通のドライヤーがビジネスホテルだとするとヘアビューザーは一流ホテルのようなものです。値段もしますが還ってくるものも大きいと思います。

『ドライヤーではなく毎日使えるヘアエステの機器だと思えばこの値段は安いよね!』

僕のお客様達からはそんなお声をよく頂きます。

定価は?

ちなみにヘアビューザーには家庭用とプロ用の2種類があり、家庭用は22500円が定価です。

美容室で購入するとほぼこの値段ですね。間違いなく本物が手に入りますし、使い方のレクチャーもしてもらえるので個人的には美容室での購入がおすすめです。また美容室限定でプロ用タイプを購入することも可能です。

家庭用とプロ用の違いは一つしかありません。

モーターの耐久性の違いです。

一般家庭と違い美容室では1日に何十回もドライヤーを使用しますのでプロ用は耐久性が高く設定してあります。

髪に対する効果はどちらも全く同じなので基本的に家庭用で十分です。

どうしてもプロ用が欲しい方は美容室で聞いてみてくださいね。

偽物に注意

人気アイテムの宿命なのかもしれませんが最近ヘアビューザーも偽物が出回っているというのをよく聞きます。

本物の見分け方ですが本物にはシリアル番号がついているのでそれで判別しましょう。

ただ、、、箱を開けないとシリアルは分からないんですよね。。

通販では特に気をつけて欲しいと思います。正規品としっかりと記載しているものを選びましょう。

こういう点も含め、やはり美容室でも購入が一番安心できます。

 

エイトログ編集部

次のページでは実際にヘアビューザーを使っているユーザーの口コミや偽物を購入しないための注意点をまとめています!