白髪の予防と対策!簡単5ステップであなたの悩みを解決する

オッケー

白髪をどうにかしたい。

そんな悩みをもっていませんか?しかし、どのように予防や対策をしたらよいのか分からず悩んではいないでしょうか?

身体の老化の一つである白髪を防いだり、治したりするのはなかなか難しいことです。

でもお肌でも年齢に反してとてもキレイな方もいますよね?ですので白髪もケアしていくことは可能なのです。

皆さんにも分かりやすく白髪の予防や対策の仕方を解説していきます。

が、その前に

白髪の原因が解明!なぜ白髪になるのか10個の理由について

2015.12.20

はもう読んで頂けましたか?

まずは白髪の原因を知り、そして予防と対策を行っていきましょう。


スポンサードリンク

予防と対策

白髪は日頃から少しのことに気をつけて行くだけで防いでいくことも可能です。

白髪=老いですので、老化を防ぐような生活に心掛けてみて下さい。

まずは髪は血液からできているといっても過言ではありません。自分の血をキレイにする心掛けが白髪予防につながっていきます。

5つのステップにわけ説明していきますので順を追ってみていきましょう。

ステップ1 『キレイな血液になろう』

髪に必要な栄養

  • 必須アミノ酸
  • ビタミン類
  • 葉酸

が有名です。まず必須アミノ酸ですがこれは人間の体に不可欠なものなのですが実は自分では作れません。必ず食事により摂取する必要があるのです。

とくに髪やメラニンの元となるチロシンとその働きを助けるフェニルアラニンは白髪予防には欠かせない栄養素でチーズ、豆腐、大豆などに多く含まれています。

また美容にはビタミン類も大切です。特にビタミンB12は必須アミノ酸の働きを活発にする成分です。不足すると髪に栄養が行き届かなくなり白髪の可能性が高まってしまいます。こちらは肉や魚類に多く含まれています。

最後に葉酸です。これもメラニンをつくるのに欠かせない成分です。緑黄色野菜やレバーに含まれています。

こういった食品を意識して摂るようにすることで髪に栄養が届きやすくなり白髪の予防や対策になります。

ステップ2 『血行を改善しよう』

禁煙

喫煙をすると血管が収縮してしまい血流が悪くなってしまいます。ヘビースモーカーの方だと常に血管はタバコの影響を受けから体の隅々まで血液が届かなくなってしまいます。

メラノサイトに栄養を届けるのは毛細血管です。ただでさえ細いのにさらに収縮してしまうと必要な血液が行き渡りません。

実際にタバコを吸っている方は吸っていない方の4倍白髪が増えやすいということが実験により証明されているほどです。吸えば吸うほど白髪は増えていってしまうのです。

本気で白髪をどうにかしたいのならまずは禁煙しましょう。

食生活

必要な栄養素は先ほど説明させて頂きましたが、食事のとり方にも注意してください。

食べ過ぎが一番良くありません。栄養は腸から吸収されますが、食べ過ぎにより腸の働きが低下してしまうと十分に栄養が取りこめなくなります。

消化も悪くなり、老廃物が体にたまっていってしまうと血液も汚くなってしまうので食生活には気を使う必要があります。

消化というのは思っている以上にエネルギーを使うものですので、間食などはできるだけ控え、決まった時間に食事をするように心がけて下さい。

1日2食が理想的のようです。

適度な運動

激しい運動は逆によくありませんが適度に体を動かすことを意識してみましょう。毎日掃除するなどそんなことからで大丈夫です。

気分転換にもなりストレスの解消にもなりますし、体の血の巡りもよくなるので一石二鳥です。

もちろんジムに通うなどもOKですが、急激な運動は体に負担がかかりますので気をつけましょう。

ステップ3 『メラノサイトを活性化させよう』

スポンサードリンク


質の高い睡眠をとる

ゴールデンタイムは髪への栄養補給が活発になる時間帯です。

22時〜2時までにしっかりと質の良い睡眠をとることでメラノサイトへ栄養が届きやすくなり白髪予防に繋がります。

ストレスをなくす

身体がストレスを感じると血管が収縮してしまい代謝が落ちます。

様々な悪影響が出ますので日頃から気分転換を行うよう心掛けましょう。

白髪はほとんどの方に起こる原因です。あなただけではないので悩みすぎないことも大事なのです。

頭皮マッサージ

マッサージにより、血行を良くし髪や頭皮に栄養が行き届くようにしましょう。

毎日のシャンプーはゴシゴシし過ぎず、優しい頭皮をもみほぐすような感覚でやりましょう。

ステップ4 『頭皮の老化を防止しよう』

紫外線対策

紫外線は頭皮を老化させる活性酸素の原因になりますので浴びないことに越したことはありません。

特に夏場などは帽子を被るなどして紫外線の直撃を避けましょう。

髪や頭皮のUVスプレーも効果的です。

過度なヘアカラーやパーマは避ける

ヘアカラーやパーマでは過酸化水素という成分を使います。これが毛根にダメージを与えメラノサイトの破壊に繋がります。

特にブリーチは過酸化水素の塊ですのでかなりの負担が頭皮にかかります。

個人のメラニン量もありますので必ずしも白髪になるとは限りませんが、白髪を絶対に生やしたくないなら過度なカラーやパーマの繰り返しは避けるべきです。

ステップ5『白髪対策シャンプーなどを使おう』

シャンプー

白髪対策シャンプーを使うことも効果的です。

多くの種類が発売されておりメラノサイトを活性化させる成分を配合していますので白髪予防や対策には必須のアイテムです。

しかし、これは日頃から予防や対策に気をつけてはじめて意味のあるものですのでシャンプーだけに頼らず生活習慣の見直しなども積極的に行って下さい。

サプリメント

白髪予防のサプリメントも出回っています。ただこれらは直接髪や頭皮に影響を与えるものは少なく、あくまで予防の補助的な効果のものが多いので他の対策方法と併用して行なっていきましょう。

 美容師が教える白髪ケア

どんな対策を行っても白髪は生えてくることもあります。これは人間が歳を重ねていくにつれ起こる体の変化ですのでどうしようもない部分もあります。

白髪は抜いてもいいのか?

『白髪は抜くと増える』

などと言われていますが抜いても増えることはありません。しかし、抜くことはおすすめできません。

なぜなら抜くことにより毛根が傷つき、毛そのものがもう生えてこなくなる危険があるからです。

一つの毛穴から約3本の髪が生えています。抜いた衝撃で毛根が壊れ、生えてこなくなると3本髪を失ったということです。

白髪と言えど大切に扱ってあげて下さい。

白髪は根元から切る

これが一番おすすめの手軽なケア方法です。お客様にもこの方法をおすすめしています。

見えるところしかケアできない事やすぐ伸びてきて目立つことがデメリットですが、どこにも負担をかけず確実な方法です。

ハサミは眉切りのハサミなど先の細いものを使いましょう。

一人でも簡単にケアできますが、余計な毛を切ってしまわないように誰かに手伝ってもらうのが理想的です。

まとめ

白髪のケアについての知識は深まりましたか?

もう一度おさらいしておきましょう

  1. 血をキレイにする
  2. 血行を改善する
  3. 頭皮の老化防止
  4. メラノサイトを活性化させる
  5. ケアアイテムを使う

どれが欠けてもダメで総合的にケアして初めて改善されていきます。

そして時間もかかります。肌も28日、骨は数年をかけて新しく生まれ変わっていきます。髪も同じく改善するのには時間がかかるのです。

継続的なケアが大切ということですね。

気持ち一つで始められることもたくさんあります。まずは行動。

白髪を改善していきましょう。

次のページではいよいよおすすめシャンプーを紹介します。

白髪対策シャンプーを探せ!プロが厳選3つのおすすめを紹介

2015.12.25

ぜひあなたにあったシャンプーを見つけてくださいね。