【古くなんかない!】チラシという集客方法における将来性 美容室編

orikomi

どうもこんばんは。今日はこんなお題で書いていきたいなと思ってます。

チラシ。ってどんなイメージをお持ちでしょうか??古い??今さら??的な感じではないでしょうか。

スポンサードリンク

否っ!!

僕はチラシってものを結構大事にしています。今回はそんなお話です。

チラシ配りってもう古いの?

チラシって正直配るの大変ですよね??僕も昔はダルイな~なんて思ってましたね。でも以外と大事なことです。正直SNSやブログにも負けてないと思っています。でも最近ではネット媒体などに押され、ひん死の重傷を負っている感がすごいです。なんならちょっとバカにされたりもします。

頑張ってチラシの良さを伝えていきたいと思います!!

地域に強い

まずコレ!特に私のお店の立地は都会とは言えませんので地域に強いというのは大きなメリットになります。

例えばSNSやブログってのは多くの方に見てもらえるのがいいところですね。人気美容師さんだと1日何万アクセスもあるみたいです。でも読んでくれている方が近くに住んでいるとは限りませんよね。地方在住の方が美容院に行くためだけに東京にくるなんてほとんどありません。その点チラシを配って出会う方達は近隣の方がほとんどですので全員が来店してくれる可能性があります。

これはレスポンスにも表れます。僕もSNSとかやりますし、多くの美容師さんのブログを盗み見おっと…拝見した結果、閲覧数から来店にコンバージョンされている確率はおそらく平均で1/1000~2000くらいだと思われます。

これがチラシだと平均1/500くらいです。すんばらしい時には1/300くらいまでいきます!(大都会での場合は正直分かりません。これよりは間違いなく低くなるでしょう。すみません!)

あれあれっ?!優秀じゃね??って思うんですよね。

これが1つ目のポイントです。

認知度の向上

チラシを配る一番の理由がコレだと思っています。集客の為に一番大事なことはなんでしょうか?

  • トレンド?
  • 記事の質?
  • モデルやスタッフのビジュアル?

答えは知ってもらう事だと思います。

どんな可愛いスタイルを作ろうが質の高い記事を書こうが知ってもらってなければ意味がありません。例えどんな近くに住んでようが私の名前や店を知らない人が私のブログやフェイスブックにたどり着くことはほとんどないんです。

大手の媒体をとっても一緒です。見られるのはページの上位3~5位くらいまでです。それより下ならお金を出すか店を知ってもらうしかないと思ってます。

チラシを配ることで来店にはつながらないかもしれませんが知ってもらうことはできます。さらにはネット媒体や各メディアの効果もさらに高めてくれる事もあるのではないでしょうか?

うちの店は誰もが知っているって言えないならチラシの事もバカにしたもんじゃないですね。

スポンサードリンク

しんどいからこその有難さ

チラシ配るのってめちゃくちゃしんどいです。正直嫌いです。僕は。チラシ配り好きとか言っちゃう人を心から尊敬の眼差しで見れます。

でもやっぱりしんどいからこそ、それでご来店いただけた方には100%を尽くしたいと思いますし、ましてやアシスタントが配ってくれたチラシなんかだと『絶対再来させるからなっ』と燃え上がる自分がいます。

ネット集客ってお金を払ってページを作るだけでほとんど労力使いませんし、SNSなんかもどっちかというと楽しんでやっているので苦じゃないんですね。

でもそんな時代だからこそ少し苦しい想いしてでも、こういう作業をしてお客様1人1人の重みを再認識する事が必要なんじゃないかなと。

じゃないとどんどんお客様への感謝の気持ちが薄れていくんじゃないかと一人でソワソワしてる訳でして、チラシを辞めない理由になってますね。

嬉しそうなんですよ。チラシがかえってきたアシスタントも。他の集客でこんな事ってあまりないです。僕まですごくうれしくなります。

 

さてひとつ言っておきたいのがネットやSNSに心酔されている方を否定したいわけじゃないです。(前も書きましたが僕も嗜んでますし。)

でも多くの美容師がネットだ!SNSだ!と叫んでは途中でやめていってる気がします。

チラシ配ってみたらどうでしょう??笑 僕は正直ネットが苦手なのでこういうアナログなやり方でしか活動できません。でも本気になれば1日1人なんて楽勝です。

やり方はどうであれ、最終的にたくさんのお客様に囲まれていればなにも問題はないと思います。アナログならアナログらしくも生きていけるのが美容師ではないでしょうか?

あ、あれなんの話だっけな?とにかくこんなインターネットな世の中でもチラシというアナログな活動が少しは意味があるって事が伝わってればいいなと思います。

これからもたくさんのお客様に出会い、そして幸せにできますように。。。

(印刷会社のまわし者ではありませんよ。よろしくお願いします。)