美容室にまつ毛エクステサロンを併設するメリットについて

6690c37b2aaf772909b262a2a6527d89_s

最近まつ毛エクステが人気です。

多くの専門サロンがオープンする中、美容室でもまつ毛エクステをスタートさせている店舗が多いのが現状。

私もこれには多くのメリットがあると考えており、実際にまつ毛サロン併設美容室をしております。

どんなメリットがあるのか詳しく説明していきます。

スポンサードリンク

まつエクサロンを併設するメリット

メイクしない女性は少ない

ほとんどの女性がメイクをします。そのメイクの中において最重要と呼べるのがアイメイクです。

多くの女性が目に重点をおきメイクされているはず。

であればまつ毛をデザインするまつ毛エクステの需要もかなり高いと言えます。

髪を切らない人がいないように、メイクしない女性も少ないのです。ここにやはり可能性を感じます。

アイリストは美容師

アイリストに美容師免許は必須です。

他の美容系職種と比べ、美容師にかなり近い存在。理解しあえる内容も多いのが特徴。

教育も美容アシスタントと共有しあえるので、孤立することも少ないように思われます。

また中途採用であっても、前サロンにて美容師業務に関わっていたことも多く仕事内容への順応も早いですね。

アシスタントの内から売上を作れる

アイリストは美容師に比べて、早く技術者への昇格が可能です。

もちろん美容師とアイリストどちらかに専念しないといけないということはないのでアイリストをしながら美容師をすることも可能。

これによりアシスタントのうちからも売上を作ることが可能になり、また主担当として責任を持つことにより本人の接客レベルの向上にも繋がります。

またスタイリストになってもまつ毛エクステができるというのは自分にとって大きな武器にもなります。

お客様を共有できる

ヘアからまつ毛へ、まつ毛からヘアへお客様の誘導が可能です。お互いを上げ合える環境であれば大きな相乗効果を得ることが可能に。

これも美容師同志の協力関係があってこそのメリットです。

サロン側がしっかりと環境をを作れば、アイリストも活躍でき、お客様にも喜んでいただけるので全ての人が幸せになります。

嬉しいの連鎖を作っていきたいですね。

スポンサードリンク

集客力のUP

まつ毛エクステの需要はかなりあります。しかし、美容室ほどサロン数も多くないのでお客様はまつ毛サロンを探されています。

そしてできれば美容は一か所で済ましたいという気持ちもお持ちです。

美容室とまつ毛サロンが併設されていれば時間を有効に使うことができ、お客様の大きなメリットに。

美容室とまつ毛サロン、お互いがお客様を呼び合えばサロンの繁栄するスピードは倍以上になるはずです。

いざとなれば…

これは私のお店の場合ですが、アイリストもシャンプーやドライ(ドライヤーで髪を乾かす事)をできるのでいざとなれば手伝ってくれます。

もちろんアイリストとしてやってもらっているので基本はまつ毛だけですが、お客様が待っている状況があれば向こうから手伝いにきてくれます。

本当にありがたいです。

もし、新卒から教育するのであればシャンプーやドライくらいはできるようになっておいてもらうと良いかもしれませんね。

私の店でもカリキュラムに組み込みを検討中です。

 

 

さて、6つのメリットについて紹介させていただきました。

実際にやっている感想はメリットしかないというのが正直なところ。美容学校の学習項目にまつ毛エクステの内容も含まれたことですし、より一層こういう流れは加速していくのではないでしょうか?

美容室内でのカリキュラムをしっかりと作り、お互いにとってメリットのある環境を作っていくことが大切です。

でも一番大切なのはお客様にとって有益であること。

忘れずこれからも励んでいきたいです。