1000文字以上も!ブログ初心者でも長文がスラスラ書ける方法とは?

97737e005c2335bd45df1c73124869c8_s

ブログを書き始めた時ってなかなか文章を書くのが大変ですよね?私も最初は2時間近くもかかって記事を仕上げていたのを覚えています。。。

ただただ書いていても早くなりませんし、途中で文章が出てこなくなったり締めくくり方が分からなくなったりします。私もアレコレ考え、色々勉強しました。

2か月経った今ではなんとか1記事約1500文字を20分くらいで書けるようになりました!

スポンサードリンク

ちょっとしたコツを知るだけで以外とスラスラ書けるようになりますのでブログを始めたばかりの方は試しに実践してみてください。

※ベテランのブロガー様やライター様には全く必要のない記事かと思います。ご興味がなければ静かにページを閉じて下さいませ。。。

ブログが早く書ける方法

設計図を描く

何事にも設計図が大切です。あるとないとでは作業の進むスピードが全然変わってきます。

まずは自分の書きたい内容ももとに設計図を作ってみましょう。慣れないうちはノートに書いてみるのもおススメです。

78

こんな感じで構成するといいかと思います。

記事の説明文はなぜこの記事を書こうかと思ったのかを書けば大丈夫です。自分の体験や失敗談を出し、読者にも『こんなことありませんでしたか?』と問いかけてみるといいと思います。

最後に良かったら読んで参考にしてみては??的な一文を忘れず入れましょう。

スポンサードリンク

タイトル 記事の説明 まとめ から先に書く

本文は後まわしにして先に記事の説明文とまとめを先に書いてしまいましょう。まとめを先に書くのは終わり方をはっきりとさせるためです。これで記事がダラダラと無駄に長くなるのを防げ、伝えたい内容が伝わりやすくなると思います。

もちろん慣れてくればこんな事をせずとも早く面白い文章を書けるようになってきますし、この書き方だとどうしてもテンプレート的になってしまいますがまずは伝えたい事をしっかり書くことに集中しましょう。

仮に『洗濯機の使い方』というブログを書いたとすると…

99ちょっとプラグインが入ってしまっていますがこんな感じで本文の内容を後まわしにして記事説明とまとめを先に書き、大枠をを完成させます。

あとは各カテゴリーに本文を入れれば記事の完成です!

本文はカテゴリー分けをする

さぁ本文ですが、洗濯機の使い方を一気に1~10まで説明しようとすると長々となってしまい、結果読者も読みにくい文章になってしまいます。

書き手としても『あれ?今どこまで説明したっけ?』という現象が起き、話も脱線。最終的にまとまりのない文章に気付き、書き直すという負のスパイラルです。

これだけは避けたいところですね。。

そこで上の図のようにカテゴリーに分け、1つずつ説明するようにすると書き手も今何を書いてるのかがはっきりし話が脱線したりするのを防げますし、読み手も読みやすくなります。

 

まとめ

相手が読みやすい文章やブログの構成を考える事が結果スピードアップに繋がるといえるかもしれませんね!この記事も約1300文字ですがこの書き方で約15分で書き終えました。

昔の私なら1時間以上かかっていたでしょう。笑

もっともっと早くたくさんの文章をかけるようになりたいですね!ブログ初心者のみなさんも良ければ参考にしてくださいねー。