ブログのタイトルに気をつけよう!読まれる美容師ブログにするためには?

images

思い立ったらすぐ記事にしたい行動派の竹村です。さてさて今日はブログのタイトルに照準をあわせていきたいと思います。

読まれるブログのためにはタイトルが大事ですよ

ブログってなんのために書いてるのかは人それぞれでしょうが、『読んでもらいたい』というのは共通事項ではないでしょうか?もちろん私も記事にするからには必要とされてる方に読んでもらいたいと思って書いてます。

スポンサードリンク

最近は美容師の方も続々と自分のブログを作られている方が増えてますね!そんな中読まれるブログにするには?そんな内容をタイトルというカテゴリーに注目して書いていきたいと思います!

これ、美容師の方ってできてない方がほとんどだという印象です。もちろん自己満足でブログをやっているなら全くのおせっかいなのでそんな人は静かにページを閉じてください。笑

ではどういう感じでタイトルはつけるのがいいのでしょうか?例を挙げてみていきます。

具体的にタイトルをつける

例えば今日のランチのことを書くとしましょう!

僕も昔はよくこんなタイトルをつけてました。

・『ランチ』

・『休日のめし』

今思うと恥ずかしいです。笑 まず検索されませんしね。そして需要があるとも思えません。こんなタイトルで読んでもらえるのは芸能人や影響力の高い人くらいでしょう。私にそんな影響力はありませんでした。

では改善していきます。

まずは何についての記事かをはっきりさせましょう。読み手にとってもSEO的にも大事なことです。店名や食べたものを具体的に書きます。

・『ランチ』

↓↓↓

・『○○(店名)のパンケーキを食べてきた話』

これで○○(店名)やパンケーキに興味のある方は読んでくれるかもしれませんね。またこのキーワードで検索に引っかかることあります。とにかく何の内容なのかをはっきりとさせ、読者の興味を引くことが重要です。

こんな感じで具体的にタイトルをつけていくのが読まれる記事への第一歩です。

感情や経験を入れる

スポンサードリンク

具体的な内容だけではタイトルとしてのパンチ力がまだまだ弱いので貴方の経験してきたことや感情を入れ魅力的なタイトルにしていきます。

・『○○(店名)のパンケーキを食べてきた話』

↓↓↓

・『行列で話題の○○でパンケーキを食べてきた話』

・『○○のパンケーキがふわふわで最高だった件』

こんな感じですかね。どうですか?少しは読みたいなというタイトルになってきたのではないでしょうか?貴方の思ったことや経験をそのまま入れるだけで大丈夫です。自分がいいなと感じたこと、経験をいれるようにしましょう。

!や数字を使う

これらを使いこなすとさらにタイトルが魅力的になります。ちなみにタイトルの文字数は長すぎてもダメですが38文字くらいがいいといわれています。(たしか去年の最も読まれたブログのランキング1~100位までのタイトル文字数の平均が38だったはず)

・『行列で話題の○○でパンケーキを食べてきた話』

・『○○のパンケーキがふわふわで最高だった件』

↓↓↓

・『1時間待ちでも納得のクオリティ!○○のパンケーキが絶品だった件』

・『並んででも食べたい!1番人気ふわふわのパンケーキが話題の○○』

いかがでしょうか??だいぶ魅力的なタイトルになりましたね!同じパンケーキをランチに食べたという内容も『ランチ』『1時間待ちでも納得のクオリティ!○○のパンケーキが絶品だった件』ではどちらが読みたいかは一目瞭然ですね!

ちょっとコツはいりますがまずは沢山記事を書いてタイトルをつける作業になれましょう。

数と経験がものをいうのでもう1個例を挙げていきますね!

私、美容師ですので仕事に関係のあることを…

美容師ならよく記事にするとおもうのですがお客様やモデルさんを撮影した記事を書くとしましょう。昔は…

・『今日のゲスト』

・『撮影』

こんなタイトルでしたねー。もちろん私のファンなら読んでくれるでしょうが、多くの方に読まれたいなら抽象的すぎですね。では具体的なタイトルにしていきます。

・『今日のゲスト』

↓↓↓

・『今日は今人気のボブを切りました』

これでボブの好きな方や人気の髪型が気になっている方には響く感じになってきています。さらに感情を加えていきます。

・『今日は今人気のボブを切りました』

↓↓↓

・『人気のボブにしてみたら天使すぎた』

きてます!笑 あと一押しですね!数字などを使ってみましょう。

・『人気のボブにしてみたら天使すぎた』

↓↓↓

・『【鉄板の人気ヘア】イメチェンでボブにしてみたら天使すぎたので3秒で撮影した!』

どうでしょうか!なかなか魅力的なタイトルになったのではないでしょうか?『今日のゲスト』とは全然違います。

しかも『人気ヘア』『イメチェン』『ボブ』などのキーワードで検索に引っかかってくることがあります。『今日のゲスト』って検索したことないですよね??せっかくなら検索されるキーワードでタイトルはつけましょう。

美容師のみなさんもやっぱり素敵な髪型を作ったなら多くの方に見て欲しいはず!ならタイトルにもこだわってみませんか?

では偉そうにしてすみませんでした。失礼します。

 

 

 

 

 

 

 

images

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です