売上が上がらない美容師が今すぐ実践すべき3つの課題

3b720a8681a5c4146742fe728b94c113_s

美容師が売り上げが上げられない時代が来ている。

中には月に1000万以上売り上げるいわゆるカリスマ美容師も確かに存在するが、平成24年サービス産業動向調査を見るとスタイリスト1人あたりの売上は全国平均では約40万だ。

”100万の壁”などとよく言われるが実際には”50万の壁”で行き詰っている美容師が多いことが分かる。

スポンサードリンク

私もカリスマのように華々しく活躍しているわけではないがある程度、壁は超えてきている。

もし貴方が50万の壁で悩んでいるならこの記事をきっかけに壁を乗り越えてもらえれば幸いである。

50万の壁を超えるために

3つの顧客層別に分け説明していく。

間違えないでほしいがここから説明するのは”技術ありき”の話だ。お客様は技術はあって当たり前と思っている。

技術面の問題があるならまず先にそちらをクリアにしよう。

新規客~ライト層 (初回~3回目)

まず、自分の身だしなみをチェックしよう。間違いなく第一印象が重要になる。

はじめのうちはお客様の要望を重視しよう。お客様の要望9に貴方のスパイスを1くらいの気持ちだ。

悩みを解決し信頼を得る必要がある。

よき理解者と思ってもらえるようお客様の事をたくさん聞き出そう。自分の話は極力しないでいい。

そして提案する際、伝えるのはメリットではなくベネフィットだ。

『そうすることによって自分がどうなれるのか?』である。

どうなりたいかの答えはお客様の中にある。たくさん話を聞こう。

大切なことなので繰り返すが、お客様が本当に求めているのはカットやカラーではない、そうする事によって手に入れることができる未来だ。

既存客 (来店回数 4~)

このくらいまでくるとある程度の信頼関係ができてきている。その信頼をさらなるものにするために必要なこと、それはお客様の教育である。

素人であるお客様に美容の知識をしっかりと伝えていく。

時にはお客様の意見を否定しなければいけないかもしれない。でもこちらはプロだ。お客様の意見や知識が間違っているならこれを訂正することをためらってはいけない。

少し勇気のいることだがこれが確実に信頼関係に繋がっていく。

思い出してほしい。アシスタント時代、よく注意や指導を受けた先輩の方が印象に残っていないだろうか?そして怖いと思いながらも信頼していたはずである。

お客様が何回も足を運んでくれるのは本当の意味で自分をキレイにしてくれる貴方に期待してくれているからだ。

うわべの付き合いから本当の付き合い方に変えていこう。

全てはお客様と真剣に向き合い本当の信頼を獲得するためだ。

スポンサードリンク

上位客 (来店回数 10~)

この方々が貴方の売上の7割を占めている。感謝してもしきれないことだ。

だから特別な”何か”を提供しよう。

新商品のサンプルを渡したり、ささやかな誕生日プレゼントをしたり、感謝の言葉を贈ったり、なんでもいい。

これによりお客様はさらにファンとなる。

本当のファンになるとお客様は色々な場面で口コミを始める。相手が髪で悩んでいれば貴方のことを話してすすめてくれる。

勝手に宣伝してくれるのだ。

実際、私も紹介で来る方のほとんどが上位客からの紹介である。

ファンをたくさん増やすことは集客にもつながる。上位客ほど大事にとはそういう事だ。

まとめ

さて、まとめていくが50万の壁でつまづく多くの美容師が提案力に欠けている。すなわち、3~5回目で失客していることが多いのだ。

言い方を変えれば”飽きさせてしまっている”わけである。

3~5回目にはある程度の信頼も得ているはずだ。その信頼をホンモノにするためにもっと提案していく必要がある。

いいものはいいと言えばいいし、似合わないなら似合わないと正直に伝え、似合うモノを提案すればいい。

店販商品も使ってもらおう。”売る”のではなく、”必要だから使ってほしい”とお願いすればいい。

全ては目の前にいるお客様のためである。

お客様の言いなりになってはいけない。そんな仕事なら誰にでもできる。

プロとして美を提供する気持ちを常にもっていけば壁はかるく超えていけるはずだ。