赤ちゃんや子供のシャンプーママが知っておくべき5つのこと

赤ちゃん

お子さんのいらっしゃる皆さんはどのようなシャンプーを使うのがよいか迷ってはいませんか?

大人と同じシャンプーでもいいのか?ベビーシャンプーの方がいいのか?

特に一人目のお子様ならどうすればいいのか分からず、悩まれるママさんが多いはずです。

やはりお子さんの肌にも気をつかいたいですよね?肌や髪も大切にしてあげたいはずです。

このページではどのようなシャンプーを使い、何に気をつければ良いのかを美容師が解説していきます。どんな方にも分かりやすいように

  1. 子供の肌とシャンプーの関係性
  2. シャンプーが原因で起こる子供の髪や頭皮トラブル
  3. 赤ちゃんのシャンプーはいつからしてもよいのか?
  4. 赤ちゃん、子供のシャンプーのやり方
  5. おすすめシャンプー

この5つにわけて説明していきます。

自分だけでなく、お子さんの髪や頭皮も美しくしてあげましょう。

スポンサードリンク

子供の肌とシャンプーの関係性

 

小さなお子さんの肌って気持ちいいですよね。モチモチしていてスベスベですのでいつまでも触っていたくなります。

多くの女性が赤ちゃん肌に憧れています。

しかし、やはり小さなお子さんの肌や髪は究極にデリケートです。優しく、そして大切に扱ってあげる必要があります。

赤ちゃんの肌の特徴

赤ちゃんや小さな子供の肌は大人の肌と違い、非常に薄いのが特徴です。成長するにつれ発達し厚みが出てきます。

肌の厚みが薄いうちは貯めておける水分量が少なく、潤いが逃げやすいのでしっかりと保湿してあげる必要があります。

子供のシャンプー

シャンプーにはたくさんの科学成分が含まれています。大人でも相性が悪い方はたくさんいらっしゃいますので小さな子供や赤ちゃんなら尚更気をつけないといけません。

先ほども説明したように肌が薄いということはそれだけデリケートということです。

水分も逃げやすいのに洗浄力の強いシャンプーで洗ってあげるのは逆に肌に負担をかけているということです。

免疫が少ないうちからこういったシャンプーを多用するとアトピーなどの原因となることもありますので注意してください。

シャンプーが原因で起こる子供の髪や頭皮トラブル

子供 頭皮トラブル

シャンプー選択ややり方を誤るとどのようなトラブルが起こるのかも知っておきましょう。特に多いものについて解説していきます。

ドライスキン

これはシャンプーのし過ぎや洗浄力が高すぎることにより肌の皮脂が失われすぎてしまうのが原因です。

かゆみや荒れが出るならドライスキンを疑ってみましょう。

特に乾燥しやすい冬場は特にお子さんの肌、頭皮に気をつけてあげて下さい。

洗浄力の優しいシャンプーで洗ってあげ、すすぎもしっかりとしてあげましょう。保湿も忘れてはいけません。

髪のからまり

これもシャンプーの種類ややり方に問題アリです。お子さんの毛は細くないですか?まだまだ未発達な毛は傷みやすく扱いには注意が必要です。

またお子さん自身が髪や肌についての知識も薄いのでママさんが気を使ってあげる必要があるのです。

からまりがでるならシャンプーの種類を変えてみる。そして後で解説するシャンプー方法で優しく洗ってみて下さい。

髪や頭皮のベタつき

これはよく流せていないか、お使いのシャンプー、トリートメントが合っていないのが原因です。

まずよくすすいであげることを意識してみて下さい。それでも治らない場合はシャンプーなどに問題アリです。

おそらくシリコンの残量によるベタつきなのでシャンプーを別のものに変える必要があります。

乳児脂漏性湿疹

かさぶたができたり、フケが出て臭い。赤ちゃんにこんな症状があるなら乳児脂漏性湿疹かもしれません。

ホルモンバランスなどで1歳くらいまでのお子さんに起こりやすい皮膚トラブルです。またシャンプーが合わないことが原因の場合もあります。

基本的には放っておいても治るのですが適切なシャンプー選びとシャンプー方法でケアしてあげることが可能です。

赤ちゃんのシャンプーはいつからしてもよいのか?

赤ちゃん

基本的に1歳半くらいまではベビーソープなどを使われると思います。赤ちゃんの肌に特化して作られているので問題ありません。

では普通にシャンプーを使っても良いのはどの時期から?

個人差はありますが1歳半くらいからではないでしょうか。この頃になると色々なモノに興味を持ち始め、自分でできることもどんどん増えてくる時期ですのでそれに合わせてシャンプーを教えてあげて下さい。

また大人と一緒のシャンプーを使ってもOKです。必ずシャンプーは肌に優しいタイプのものを使いましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃん、子供のシャンプーのやり方

基本的に気をつけてあげることは大人のシャンプーとも変わりません。

美容師に学ぶ正しい髪の洗い方8ステップをマスターしよう』で正しいシャンプー方法を解説していますのでよく読んでみて下さい。そしてお子さんの場合にはさらに優しく、刺激に注意してしてあげましょう。

ではこの記事でも解説していきます。

1.ブラシやクシで髪をといてあげる

柔らかいブラシや目の粗いクシで髪をといてあげましょう。優しく丁寧にしてあげてください。

これで髪の汚れを取っていきます。また柔らかいブラシを使うことで頭皮のマッサージにもなります。お子さんが気持ちよさそうにしていたら成功です。

ただ赤ちゃんの肌は敏感ですのでやりすぎやブラシの素材の種類によっては悪い刺激にもなってしまいますので注意が必要です。

2.髪をよくぬるま湯で流す

シャンプーをつける前によくお湯で流してあげましょう。これだけで大部分の汚れが取れシャンプーを最低限にできます。

最も肌に負担がかからないやり方ですのでこの工程は必ず実践してください。お湯はぬるま湯です。大人よりさらに温度を低く設定(30~33度)して頭皮の皮脂を取りすぎないようにしましょう。

3.シャンプーは優しく

シャンプーはゴシゴシではなく、指の腹で優しくマッサージするような感じでしてあげましょう。

また泡は手に泡立てから髪につけてあげてください。頭でシャンプーを泡立てると誤って傷をつけてしまったり、髪を傷めてしまうかもしれません。すすぎもしっかりしましょう。

大人ならそこまで気にする必要はないのですが、お子さんの頭皮と髪はあなたの何倍も敏感です。丁寧にしすぎるくらいがベストですよ。

4.ドライヤーもしっかりとそして優しく

ドライヤーももちろん優しくが基本です。水分も頭皮に残ってしまうとトラブルの原因になります。

耳の後ろや首まわりが特に乾きにくいので念入りに乾かしてあげてください。

+αのケア

もしお子さんの頭皮が乾燥していると感じたならシャンプーの前に保湿剤を使って頭皮をマッサージしてあげましょう。ベビーオイルなどを使うのが一般的です。優しく頭皮をマッサージしてからブラシやクシで髪をとく工程に移ってください。

頭皮が清潔になり、トラブルの改善に繋がります。

ダメシャンプー

みなさんお子さんのシャンプーというとあのシャンプーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?そうCMでも有名な

弱酸性のメリット

弱酸性のメリット

正直ダメシャンプーです。肌に優しいことを売りにしていますが、プロが成分を見ると???となります。

『肌に優しいどころが逆に刺激強すぎでは?』とさえ思います。お子さんの肌に使えるようなものではないので気をつけましょう。

その他、市販の大人用シャンプーは総じておすすめできません。

赤ちゃんや小さな子供も使えるおすすめシャンプーやベビーソープ

では肌に優しく小さなお子さんにも使っていただけるシャンプーを紹介していきます。

その前に…

基本的に求められるのは肌に優しいことです。

  • アミノ酸系やベタイン系シャンプー
  • オーガニックシャンプー

がおすすめと言えます。それぞれの特徴については『オーガニックシャンプーって?6つの疑問にプロが答えます!』や『髪にいいシャンプーやトリートメントの共通点!10種の成分』にて説明しています。

ベベブー

ベベブー ヘア シャンプー

ベベブー公式サイト

赤ちゃんとお母さんのためのシャンプー。国産、オーガニックというポイントが安心できます。

ヒアルロン酸配合でお子さんの頭皮や髪の潤いを守りながら洗えます。洗浄成分は肌に優しいベタイン系。

ベビーブーバ

ベビーブーバ

ベビーブーバ公式サイト

天然由来成分にこだわり99%が自然由来の成分からできているベビーブーバ。

きめ細かな泡で赤ちゃんの肌や髪を優しく洗ってくれます。ノンシリコン、パラベンフリー、香料な着色料フリー

もちろん大人が使うぶんにも問題ありません。

ドゥーエ ベビープラス

ドゥーエベビープラス

ドゥーエベビープラス公式サイト

こちらも無香料、無着色、パラベンフリーの優しいシャンプー。

ローションやプロテクトクリームもラインナップされており総合的なケアをできるブランドです。

まとめ

母親の皆さん、参考になりましたか?

お子さんの髪や肌はキレイですが、大変繊細です。母親であるみなさんが守ってあげて下さい。

最近はアトピーの子供も増えていると聞きます。小さなうちから髪や肌トラブルに悩まされるのは本当にかわいそうです。

しっかりと知識を身につけ、お子さんの髪や肌の健康を守ってあげましょう。それも親としての責任の一つではないでしょうか。

自分もまた子供のシャンプーには気をつけてあげたいと思います。

ではまた。

赤ちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です